総務省トップ > 第48回衆議院議員総選挙 > 衆議院議員総選挙とは?
第48回衆議院議員総選挙 最高裁判所裁判官国民審査 小選挙区選挙では「候補者名」を、比例代表選挙では「政党名」を記載して投票してください。 第48回衆議院議員総選挙 最高裁判所裁判官国民審査 小選挙区選挙では「候補者名」を、比例代表選挙では「政党名」を記載して投票してください。

衆議院議員総選挙とは

衆議院議員総選挙の概要

総選挙とは、衆議院議員の全員を選ぶために行われる選挙のことです。小選挙区選挙と比例代表選挙が、同じ投票日に行われます。総選挙は、衆議院議員の任期満了(4年)によるものと、衆議院の解散によって行われるものの2つに分けられます。 衆議院議員の定数は465人で、うち289人が小選挙区選出議員、176人が比例代表選出議員です。

小選挙区選挙について

全国を289の選挙区に分けて、1選挙区から1人の候補者を選ぶ選挙のことで、得票数の最も多い候補者1人が当選人となります。

比例代表選挙について

全国を11の選挙区(ブロック)に分けて、その選挙区ごとに政党を選ぶ選挙のことで、政党の得票数に応じた数の名簿登載者が当選人となります。

投票率の推移について

衆議院議員総選挙(大選挙区・中選挙区・小選挙区)
における投票率の推移

  • 注1)昭和38年は投票時間が2時間延長され、午後8時までであった。
  • 注2)昭和55年及び昭和61年は衆参同日選挙であった。
  • 注3)平成8年より小選挙区比例代表並立制が導入された。
  • 注4)平成12年より投票時間が2時間延長になり、午後8時までとなった。
  • 注5)平成17年より期日前投票制度が導入された。

投票率の推移について

衆議院議員総選挙年齢別投票率の推移(小選挙区)

  • ※全国の投票区の中から抽出した188投票区の平均。

ページトップへ戻る