Home  >  公募型共同研究

公募型共同研究

 公募型共同研究は、情報通信政策研究所の研究官と所外の者が共同して行う研究を公募することにより、専門的知見の導入を促進し、もって研究の活性化及び研究水準の向上を図ることを目的とした取組です。  過去の採択案件等は以下のとおりです。

第1回採択案件及び成果

第2回採択案件及び成果

第3回(平成24年度)採択案件及び成果

採択案件
  • 標題:「産業組織とプライバシー」
    • 申請代表者:黒田敏史 東京経済大学経済学部専任講師
    • 学会発表:情報通信学会第31回全国大会(平成26年6月29日)
      題:「オンラインショッピングサイトにおけるレコメンドの因果効果とその影響」
  • 標題:「公私連携型サイバーセキュリティ法政策についての国際比較・実証研究」
  • 標題:「マルチメディアクラウドサービスのユーザー受容の国際比較と安心・安全な運用機構に関する研究」
    • 申請代表者:小舘亮之 津田塾大学学芸学部情報科学科教授
    • 調査結果概要:マルチメディアクラウドサービスに関するユーザ受容の国際比較調査結果概要(PDF:788KB)
    • 国際会議発表:ITU Kaleidoscope conference 2014(平成26年6月4日、ロシア連邦・サンクトペテルブルク)
      題:「A CROSS-COUNTRY COMPARISON ON USER ACCEPTANCE OF MULTIMEDIA CLOUD SERVICES -GERMANY AND JAPAN-」(PDF:639KB)
      発表者:田中康裕(専修大学社会関係資本研究センター博士研究員)、小舘亮之(津田塾大学学芸学部教授)




ページのトップへ戻る