Home  >  研究成果~調査研究報告書

研究成果~調査研究報告書

 平成26年(2014年)

「放送コンテンツの海外展開に関する現状分析(2013年度)」(11月28日更新)

「放送コンテンツの海外展開に関する現状分析(2012年度)」(11月28日更新)

放送コンテンツの海外展開関連発表・講演

“Television Content Exports as a Key to Success of the “Cool Japan” Initiative”
The keynote speech at the 4th International Workshop on Image Electronics and Visual Computing “IEVC 2014” held by IIEEJ, Image Electronics and Engineers of Japan, in October 2014. (Information and Communications Policy Review No.9, 情報通信政策レビュー第9号に掲載)

「クールジャパン戦略としての放送コンテンツの海外展開」(PDF:2.39MB)
数永主任研究官(2014.11.18信越総合通信局主催 放送サービスの高度化と放送コンテンツ海外展開に関する勉強会講演資料 於:長野)

「放送コンテンツの海外展開に関する現状分析‐クールジャパン戦略と英国クリエイティブ産業政策の再検証‐」(PDF:1.62MB)
数永信徳主任研究官
社会情報学会 2014年学会大会発表資料:2014.09.21於:京都大学)

これ以前の学会等における発表、講演等はこちら

「平成25年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」(9月26日掲載)

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査」(9月26日更新)

「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」(7月18日更新)

「ICT新興分野の国際展開と展望に関する 調査研究 報告書」(7月15日掲載)

「子どものICT利活用能力に係る保護者の意識に関する調査」(7月4日掲載)

「ファブ社会」の展望に関する検討会 報告書の公表(6月27日掲載)

「位置情報の利用に対する意識調査」(5月23日掲載)

情報通信産業の経済動向報告

 平成25年(2013年)

「平成24年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」

「青少年のインターネット利用と依存傾向に関する調査」

「放送局の経営分析に関する調査研究」

「放送コンテンツの海外展開」

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査」

情報通信産業の経済動向報告

 平成24年(2012年)

「青少年のインターネット・リテラシー指標」

青少年のインターネット・リテラシーに関し、指標を開発して 実態調査を実施し、結果概要を取りまとめましたので、以下に 公表します。

「放送局の経営分析に関する調査研究」

情報通信産業の経済動向報告

「障がいのある方々のインターネット等の利用に関する調査研究」

「スマートグリッド関連サービスにおけるプライバシー・個人情報保護に関する調査研究」

「東日本大震災を契機とした情報行動の変化に関する調査」

情報通信政策研究所では、東日本大震災を契機として 国民の情報行動やメディアへの信頼度等にどの程度の変化があったのか、 震災直後と現在との2時点について震災前と比較、検証するため郵送調査を行い、 今般、その結果をとりまとめました。
公表資料

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」

 平成23年(2011年)

「情報流通インデックス」

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」

情報通信産業の経済動向報告

海外情報通信判例研究会

 平成22年(2010年)以前の報告書

ページのトップへ戻る