Home  >  研究成果~調査研究報告書(平成22年(2010年)以前)

研究成果~調査研究報告書(平成22年(2010年)以前)

 平成22年(2010年)

「情報通信産業の経済動向報告」

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」

「情報流通インデックス」

「IDビジネスの現状と課題に関する調査研究」

「メディア・ソフト研究会」報告書

 平成21年(2009年)

「行動ターゲティング広告の経済効果と利用者保護に関する調査研究」

「海外情報通信判例研究会」

「携帯電話に対する需要特性の比較分析に関する調査研究」

「インターネット検索エンジンの現状と市場規模等に関する調査研究」

「米国FCCの接続ルールの変遷とそのインパクトに関する調査研究」

「情報流通インデックス研究会」報告書

「ブログ・SNSの経済効果に関する調査研究」

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査研究」
2008年度調査結果

  • メディア・ソフトの市場規模(2007年)は11兆4,110億円。
    • 映像系は増加したものの、音声系、テキスト系が減少し、市場全体は横ばい(対前年比0.3%減)。
    • マルチユース(二次利用)は引き続き増加(対前年比1.9%増)。
    • パソコン、携帯電話等を利用したネットワークでの流通(ネットワーク流通市場)は急速な拡大が続き(対前年比11.5%(1,009億円)増)、1兆円近い規模に成長。
  • メディア・ソフトの制作金額は、4兆604億円(対前年比2.8%増)に増加。
    地上テレビ番組、ゲームソフト等の映像系ソフトの制作金額が大きく増加。
  • インターネット(パソコン、携帯電話)利用者の約半数が有料コンテンツ を利用。有料コンテンツの一人当たり利用金額が最も大きいのは映像系。

 平成20年(2008年)

「インターネット利用の決定要因と利用実態に関する調査研究」

「情報通信と地域の生産性に関する調査研究」

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査研究」
2007年度調査結果

  • コンテンツ(メディア・ソフト)の市場規模(2006年)は11兆4,494億円。
    • 映像系、音声系を中心に市場は拡大基調(対前年比1.4%(1,547億円)の増加)。
    • マルチユース(二次利用)は引き続き伸び、市場全体の2割超に。
    • ネットワーク流通市場は拡大が続く(対前年比8.6%(696億円)の増加)。
  • インターネット(パソコン、携帯電話)利用者の約半数が有料コンテンツを利用。
    有料コンテンツの一人当たり利用金額が最も大きいのは映像系。

「ブログの実態に関する調査研究」

 平成19年(2007年)

「メディア融合時代におけるインターネット利用者の
メディア利用行動に関する調査研究」

「インターネットと匿名性」

「情報通信による地域経済や地域産業に与えるインパクトに関する調査研究」

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」
2006年度調査結果

<特色>
-本調査は、2005年の各メディア業界の統計データを「コンテンツ(メディア・ソフト)」の内訳別に再編。映画、テレビ番組、ゲーム、音楽、新聞記事、書籍といった「ソフトの市場」を推計することにより「ソフトの制作・流通のトレンド」を包括的に把握。

<我が国のメディア・ソフト市場の動向>
-コンテンツ(メディア・ソフト)市場全体は約11.3兆円(2005年)。映像系を中心に拡大傾向が継続し、2004年比 で2.1%(2,320億円)の増加。

  • マルチユース市場(二次利用)は引き続き大きく伸び、市場全体の2割超に拡大。
  • パソコン、携帯電話等を利用したネットワークでのソフト流通は急速な拡大が続き、2004年比で16.9%(1,166億円)の増加。

 平成18年(2006年)

「ロングテール型消費行動の実態に関する調査」

「共通基盤システムに関わる調査研究」

「WWWコンテンツ統計調査」

「インターネット概観統計集(平成18年改訂)」(インターネット研究会報告)

シンポジウム「現実社会とネットワークの融合空間-デジタル・コンテンツ時代の市民組織・市民意識」の報告書

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」
2005年度調査報告書

<特色>
-本調査は、各メディア業界の統計データを「コンテンツ(メディア・ソフト)」の内訳別に再編、映画、テレビ番組、ゲーム、音楽、新聞記事、書籍といった「ソフトの市場」を推計することにより「ソフトの制作・流通のトレンド」を包括的に把握。

<我が国のメディア・ソフト市場の動向>
-メディア・ソフト市場全体は約11.1兆円(2004年)。2003年比 で2,023億円増。

  • 映像系ソフト(映画・テレビ番組など)の拡大続く。音声系ソフト(音楽・ラジオ)・テキスト系ソフト(新聞・雑誌など)は減少傾向から微増へ。
  • ソフトの一次利用(一次流通市場)は減少傾向から微増へ、二次利用(マルチユース市場)は拡大続く。
  • PCインターネット・携帯インターネット等ネットワークでのソフト流通は引き続き急速に拡大。2003年比で28.6%増。2000年比では135.9%増。

 平成17年(2005年)

「インターネット概観統計集(平成17年改訂)」

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態-時代はネット配信へ-」
2004年度調査報告書

 平成16年(2004年)

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態-マルチユース市場の拡大とネットワーク流通の進展-」
2003年度調査報告書

インターネットを概観する基礎的な統計項目と整備方法に関する調査研究
(インターネット研究会報告)

WWWコンテンツ統計調査報告書
-我が国のWeb上のコンテンツ情報量から見たインターネットの発展-

次世代ネットワーク構築に向けたITベンダーの発展について
(ITベンダー研究会報告)

 平成15年(2003年)

障がいのある方々のインターネット等の利用に関する調査報告書
―国民全般の情報環境との比較を通じて―

ページのトップへ戻る