総務省トップ > 組織案内 > 外局等 > 情報通信政策研究所 > 学術雑誌『情報通信政策研究』特集号及び投稿論文募集(AI/IoT時代のプライバシー・個人情報保護)

学術雑誌『情報通信政策研究』特集号及び投稿論文募集(AI/IoT時代のプライバシー・個人情報保護)

学術雑誌『情報通信政策研究』は、第3巻第1号を「AI/IoT時代のプライバシー・個人情報保護」をテーマとした特集号とすることとしました。 各分野からの第一線の研究者の寄稿論文の掲載を予定しております。なお、投稿論文等(査読付)は締め切らせていただきました。多数のご投稿ありがとうございました。

特集の趣旨

AI/IoT等の社会実装が進む中、これまで世の中に分散していた様々なデータを一気に収集・分析・活用することができるようになり、サービスやマーケティングの劇的な精緻化・効率化が図られ、画一的ではない、個別のニーズにきめ細かく、かつリアルタイムで対応できる商品やサービス提供が期待されるようになってきています。こうした中で、データ自体、とりわけ個人に関するデータが極めて重要な価値を有することとなっており、経済社会システムを健全に発展させ、大きな可能性とチャンスを生む新たな展開を進めるためには、プライバシーや個人情報の保護の重要性がますます高まっています。
本特集では、AI/IoT時代のプライバシー・個人情報保護をテーマとし、各分野の第一線の研究者に執筆を依頼するとともに、広く投稿論文等(査読付)を募集することとしました。今まさに進展している、AI/IoT時代のデータ活用の重要課題であるプライバシー・個人情報保護の研究成果をまとめる場となることを目的とし、これにより、本分野の研究をさらに活性化させることを目指します。
投稿論文等(査読付)は、AI/IoT時代を見据えた、プライバシー・個人情報保護に関するもの※であれば、幅広く歓迎いたします。皆様からの積極的な御投稿をお待ち申し上げております。
※情報通信政策に関連する学術上の調査又は研究(その主たる部分が理学、工学その他の理科系統の分野のものを除きます。)とします。

特別寄稿(予定)

(敬称略)
  • 堀部 政男(一橋大学名誉教授)
  • 山本 龍彦(慶應義塾大学法科大学院教授)
  • 石井 夏生利(中央大学国際情報学部教授)
  • 生貝 直人(東洋大学経済学部総合政策学科准教授)

投稿論文の募集は、締め切りました。

お問合せ先

総務省情報通信政策研究所調査研究部
学術雑誌『情報通信政策研究』担当者宛て
電子メールアドレス:(journal.iicp@soumu.go.jp
電話番号:03(5253)5496

ページトップへ戻る