総務省トップ > 組織案内 > 外局等 > 情報通信政策研究所 > 研究会等 > AIネットワーク社会推進会議

AIネットワーク社会推進会議

 AIネットワーク社会推進会議は、AIネットワーク化に関し、AIの開発原則・指針の策定に向けた検討及びAIの利活用について考慮することが期待される事項に関する検討を行うとともに、AIネットワーク化が社会・経済の各分野にもたらす影響やリスクの評価を行う等、社会全体におけるAIネットワーク化の推進に向けた社会的・経済的・倫理的・法的課題を総合的に検討することを目的として開催する有識者による研究会です。

  • 【注】「AIネットワーク化」とは、AIシステムがインターネットその他の情報通信ネットワークと接続され、AIシステム相互間又はAIシステムと他の種類のシステムとの間のネットワークが形成されるようになることをいいます。

報告書

AIネットワーク社会推進会議(これまでの流れ)

AIネットワーク社会推進会議(平成29年10月〜)

AIネットワーク社会推進フォーラム(国際シンポジウム)

 AIネットワーク化をめぐる社会的・経済的・倫理的・法的課題に関し、日米欧等の産学民官のステークホルダが意見交換し、今後のG7、OECD等における国際的な議論を推進することを目的として、国際シンポジウム「AIネットワーク社会推進フォーラム」を開催。フォーラムにおいては、AIネットワーク社会推進会議の顧問を含む構成員のほか、米、伊、独、仏、EUの政府関係者やOECDの代表者、AIの分野の国際的な議論をリードする主要団体の代表者を含む国内外のトップレベルの有識者が参加し、意見交換を実施。

日時:平成29年3月13日(月)、14日(火)
会場:東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホール(東京都文京区本郷7-3-1)

AIネットワーク社会推進会議(平成28年10月〜平成29年7月)

 平成28年10月から平成29年7月までは、主にAIの開発者が留意することが期待される事項及びその解説からなるAI開発ガイドラインの策定に向けた検討、AIネットワーク化が社会・経済にもたらす影響・リスクに関する評価(先行的評価、分野別評価)を実施。

G7香川・高松情報通信大臣会合

 高市総務大臣(当時)から、「AI開発原則」を提唱し、参加各国から国際的な議論を進めることについて賛同を得た。

日時:平成28年4月29日(金)、30日(土)
会場:かがわ国際会議場(香川県高松市サンポート2-1)

AIネットワーク化検討会議(旧称:ICTインテリジェント化影響評価検討会議)

 平成28年2月から6月まで、「AIネットワーク化検討会議」を開催し、2040年代を見据え、AIネットワーク化の進展を通じて目指すべき社会像やその基本理念の整理、AIネットワーク化が社会・経済にもたらす影響・リスクの評価や検討すべき課題の整理を行った。

国際的な議論

 平成29年(2017年)9月以降、『報告書2017』の成果を踏まえ、次のとおり国際的な議論を推進(主なものを記載)。

海外の議論

 平成28年(2016年)4月に開催されたG7情報通信大臣会合(香川・高松)を契機に、世界的にAIの倫理等に関する議論が始まり、欧米を中心に活発に議論が行われるようになってきている(最近のものを記載)。

<政府>
  • 欧州委員会独立諮問機関the Group on Ethics in Science and New Technologies(EGE)声明公表【平成30年(2018年)3月9日】
  • ニューヨーク市議会 自動処理による決定システムの透明性・公平性に関する条例案可決【平成29年(2017年)12月11日】
  • EU29条データ保護作業部会「自動処理による個人に関する決定及びプロファイリングに関するガイドライン」【平成29年(2017年)10月3日】
<学界>
  • 米国電気電子学会(IEEE) 「倫理的に調整された設計 第2版」 【平成29年(2017年)12月12日】
  • スタンフォード大学AI100「AI指標 2017年次報告書」 【平成29年(2017年)11月30日】
  • 米国電気電子学会(IEEE) AIの倫理に関する3件の新たな標準プロジェクト承認 【平成29年(2017年)11月17日】
  • ニューヨーク大学AI Now 「2017年報告書」【平成29年(2017年)10月18日】
<産業界等>
  • UNIグローバルユニオン「倫理的AIのための上位10原則」 【平成29年(2017年)12月11日】
  • 米国情報技術工業協議会(ITI)「AI政策原則」 【平成29年(2017年)10月24日】
  • DeepMind社 Ethics & Society設置 【平成29年(2017年)10月3日】

国内外の動向及び国際的な議論の動向等(まとめ)

ページトップへ戻る