自治大TOPICS

2019年9月

 
9/4 第1部・第2部特別課程第37期の入校式が自治大学校で行われました。
この課程は「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付けられ、女性幹部候補の養成を目的としているものです。

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった98名の研修生は、これから9月27日まで約3週間、公共政策課目等、中堅幹部として必要な能力を向上するための研修を受講します。

2019年8月

 
8/29 第1部課程第132期(57名)の卒業式が自治大学校で行われました。

北は青森から南は沖縄まで、日本全国から集まった研修生は、6月10日に入校し、約3か月、自治大学校で学びました。
ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。
今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

8/22 第2部課程第187期の入校式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった50名の研修生は、これから10月9日まで約1ヶ月半の間、地方行財政制度や、公共政策論等についての講義と 実践的な演習により将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

    

 

 
8/6 8月6日 第3部課程第110期(100名)の卒業式が行われました。

7月18日に入校し、約3週間に及ぶ本校での講義や演習で培った知識と経験、及び一緒に学んだ全国の仲間とのネットワークは、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍とご健勝をお祈りいたします。研修生の皆様、お疲れ様でした。

 

    

 

 

2019年7月

 
7/25 第2部課程第186期(63名)の卒業式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった研修生は、6月7日に入校し、約2か月、自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

    

 

 
7/18 第3部課程第110期の入校式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった100名の研修生は、これから8月6日までの約3週間、地方制度・法制や公共政策論等についての講義と実践的な演習により、幹部職員としての政策形成能力及び行政経営能力の増進を目指します。

    

 

 
7/12 ミャンマー連邦共和国より、ミン・トゥ連邦政府大臣ほか9名が自治大学校をご訪問され、自治大学校の研修内容や施設についてご紹介するととともに、意見交換を行いました。

 

    

 

7/5 税務専門課程(税務・徴収コース)第17期(74名)の卒業式が自治大学校で行われました。

税務専門課程(税務・徴収コース)第17期(74名)の卒業式が自治大学校で行われました。
6月12日からの約3週間、徴収実務の指導者に求められる知識や技能を修得するための研修を受けてこられました。ここで築いた講師や仲間との強固な絆と講義・演習で培った知識や経験は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後もより一層の自己研鑽に努められ、各自治体で山積する課題に積極果敢に取り組んでいただくことを期待します。

    

  

 

2019年6月

 
6/28 独立行政法人国際協力機構(JICA)と共同で実施している「地方自治研修」が終了し、閉講式が行われました。
 
研修員の皆さんが、日本の地方行財政制度等の講義や地方自治体の視察を通して学んだ知識を活かし、それぞれ母国の地方行政の発展のためにご活躍されることを期待しております。
 

    

6/12 税務専門課程(税務・徴収コース)第17期の入校式が自治大学校で行われました。
 
北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった74名の研修生は、 これから7月5日まで約1ヶ月間、高度な研修を通して専門的な知識・技能を身につけ、地方公共団体の徴税体制や職員のOJTのあり方等について、積極的に改革していくリーダーとなることを目指します。

    

 
6/10 第1部課程第132期の入校式が自治大学校で行われました。

北は青森から南は沖縄まで、日本全国から集まった58名の研修生は、
これから8月29日まで約2ヶ月半の間、政策形成能力を高めるための公共政策課目や地方公共団体を巡る最新の話題についての講義と
実践的な演習により、将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

    


 
6/7

第2部課程第186期の入校式が自治大学校で行われました。

 

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった63名の研修生は、 これから7月25日まで約2ヶ月間、政策形成能力を高めるための公共政策課目や地方公共団体を巡る最新の話題についての講義と 実践的な演習により、将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

   

2019年5月

 
5/23

独立行政法人国際協力機構(JICA)と共同で実施している「地方自治研修」の開講式が行われました。

 

5月22日から6月28日まで、東南アジア、中東、アフリカ諸国から11カ国13名が参加し、自治大での講義や自治体の視察等の研修が行われます。

  

2019年4月

 
4/1

自治大学校は新年度を迎え、人事異動がありました。研修生が入校される5月に向け、準備を進めていきます。

 

<転出>
・退職 (教務部長) 冨沢 重則

・京都市総合企画局総合政策室京都創生推進部長 兼 総合企画局文化庁移転推進室長へ (教授) 山川 弘峻

・大臣官房付へ(主幹) 小川 大介

・消防庁総務課へ(研究部事務官) 生田 優人

・自治税務局固定資産税課へ(庶務課事務官) 下野 瑳紀

・自治税務局市町村税課へ(教務部事務官) 久芝 正成

<転入>
・教務部長併任教授 (自治体衛星通信機構総務部長から) 根塚 剛

・教授 (和歌山市財政局長から) 三橋 郁

・庶務課会計係長 (消防庁総務課から) 岡 大輔

・教務部 (朝来市生野支所地域振興課から) 都倉 和也

・庶務課 寶田 萌音

・教務部 井伊 克之

・研究部 秋山 浩輝

2019年3月

 
3/28

平成30年度マネジメントコース研修生(8名)の修了式が自治大学校で行われました。

 

マネジメントコースは自治大学校での1年間の特別研修で、基本法制研修A及び第1部課程にて研修を履修したほか、実務研修として、研修業務や事例研究などの業務に従事しました。 この1年間で得た知識や全国に広がるネットワーク、自治大学校での勤務で得た経験は今後の大きな財産となるでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

  

3/15

第2部課程第185期(94名)の卒業式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は鹿児島まで、日本全国から集まった研修生は、1月24日に入校し、約2か月、自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

  

2019年2月

 
2/19

第1部課程第131期(52名)の卒業式が自治大学校で行われました。

11月21日から約3か月間自治大学校で学びました。講義・演習等で得た知識・経験はもちろんのこと、苦楽をともに過ごし培ってきた全国の仲間とのネットワークは、これからの公務員人生において大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

  

2/8

第1部・第2部特別課程第36期(99名)の卒業式が自治大学校で行われました。

この課程は、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付け、女性幹部候補の養成を目的としているものです。1月18日に入校し、約3週間自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

  
 

2019年1月

 
1/24

第2部課程第185期の入校式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は鹿児島まで、日本全国から集まった94名の研修生は、これから来年3月15日まで約2ヶ月間、地方行財政制度や、公共政策論等についての講義と実践的な演習により将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

  

1/21

第2部課程第184期(82名)の卒業式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった研修生は、11月20日に入校し、約2か月、自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講 義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

                        

1/18

第1部・第2部特別課程 第36期の入校式が自治大学校で行われました。

この課程は、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付けられ、女性幹部候補の養成を目的としているものです。日本全国から集まった99名の研修生 は、これから約3週間、公共政策課目等、中堅幹部として必要な能力を向上するための研修を受講します。

  

2018年12月

 
12/1

12月1日付

自治大学校人事異動

<転出>

*大臣官房秘書課課長補佐併任内閣官房副長官補付へ(教授)上田 紘嗣

2018年11月

 
11/22

監査・内部統制専門課程第19期の卒業式が自治大学校で行われました。

10月30日に入校し、約1か月間自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後も学んだことを糧として、指導力を発揮していただくことを期待します。

  

11/21

第1部課程第131期の入校式が自治大学校で行われました。

日本全国から集まった52名の研修生は、これから2月19日まで約3ヶ月の間、公共政策大学院水準の高度な研修を通じて、将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

  

11/20

第2部課程第184期の入校式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった82名の研修生は、これから来年1月21日まで約2ヶ月間、地方行財政制度や、公共政策論等についての講義と実践的な演習により将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

  

2018年10月

 
10/30

監査・内部統制専門課程第19期の入校式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は宮崎まで、全国から集まった9名の研修生は、これから11月22日まで約3週間半の間、監査や内部統制の理論と実務について必要な知識と能力の修得を目指します。

  

10/17

第2部課程第183期(50名)の卒業式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった50名の研修生は、8月24日に入校し、約2か月、自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

                         

10/12

税務専門課程(税務・徴収コース)第16期(99名)の卒業式が自治大学校で行われました。

9月18日からの約3週間、徴収実務の指導者に求められる知識や技能を修得するための研修を受けてこられました。ここで築いた講師や仲間との強固な絆と講義・演習で培った知識や経験は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後もより一層の自己研鑽に努められ、各自治体で山積する課題に積極果敢に取り組んでいただくことを期待します。

  

10/10

税務専門課程36期(会計コース)の卒業式が自治大学校で行われました。

7月3日に入校し約3ヶ月自治大学校で学びました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍とご健勝をお祈りします。

  

2018年9月

 
9/21

第1部・第2部特別課程第35期(103名)の卒業式が自治大学校で行われました。

この課程は、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付け、女性幹部候補の養成を目的としているものです。8月30日に入校し、約3週間自治大学校で学びました。
ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

                         

9/19

税務専門課程第16期(税務・徴収コース)の入校式が自治大学校で行われました。

日本全国から集まった99名の研修生は、これから10月12日まで約4週間の間、地方公共団体の徴税体制や職員のOJTのあり方等について積極的に改革していくリーダーとしての資質の向上を目指します。

  

9/5

第1部課程第130期(54名)の卒業式が自治大学校で行われました。

6月6日から約3か月間自治大学校で学びました。講義・演習等で得た知識・経験はもちろんのこと、苦楽をともに過ごし培ってきた全国の仲間とのネットワークは、これからの公務員人生において大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

  

2018年8月

 
8/30

第1部・第2部特別課程 第35期の入校式が自治大学校で行われました。

この課程は、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付けられ、女性幹部候補の養成を目的としているものです。日本全国から集まった103名の研修生は、これから約3週間、公共政策、行政経営等、中堅幹部として必要な能力を向上するための研修を受講します。

  

8/24

第2部課程第183期の入校式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった50名の研修生は、これから10月17日まで約2ヶ月間、地方行財政制度や、公共政策論等についての講義と 実践的な演習により将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

  

8/1

第3部課程第109期(124名)の卒業式が行われました。

7月10日に入校し、約3週間自治大学校で学びました。
ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習で培った知識や経験は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。
今後の益々のご活躍とご健勝をお祈りいたします。

  

2018年7月

 
7/25

第2部課程第182期の卒業式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった81名の研修生は、6月5日に入校し、約2か月、自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

   

7/20

自治大学校人事異動

<転出>
  • 辞職(自治大学校長)有岡 宏
  • 横浜市政策局政策部政策課担当課長へ(教授)岡ア 洋子
  • 自治体国際化協会総務部企画調査課長へ(研究部員)入江 峻史
<転入>
  • 自治大学校長(全国市町村国際文化研修所学長から)松ア 茂
  • 研究部長(総務省行政評価局企画課企画官から)見次 正樹
  • 教授(内閣府公益認定等委員会事務局総務課課長補佐から)山川 弘峻
  • 研究部事務官(佐賀県健康福祉部男女参画・こども局こども未来課から) 生田 優人
7/10

第3部課程第109期の入校式が自治大学校で行われました

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった125名の研修生は、これから8月1日までの約3週間、地方制度・法制や公共政策論等についての講義と実践的な演習により、幹部職員としての政策形成能力及び行政経営能力の増進を目指します。

  

7/3

税務専門課程第36期会計コースの入校式が自治大学校で行われました。

日本全国から集まった19名の研修生は、これから10月10日までの約3ヶ月間、簿記及び会計学から税法、経営分析に至るまで幅広い内容の研修を通じて、地方公共団体の税務担当職員として必要な知識を習得することを目指します。

  

2018年6月

 
6/21

独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施している「地方自治研修」が終了し、閉講式、送別会が行われました。

研修員の皆さんは、日本の地方行財政制度等の講義や地方自治体の視察を通して学んだ知識を活かし、それぞれ母国の地方自治の発展のためご活躍されます。

  

6/6

第1部課程第130期の入校式が自治大学校で行われました。

日本全国から集まった54名の研修生は、これから9月5日まで約3ヶ月の間、公共政策大学院水準の高度な研修を通じて、将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

  

6/5

第2部課程第182期の入校式が自治大学校で行われました。

北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった81名の研修生は、これから7月25日まで約2ヶ月間、地方行財政制度や、公共政策論等についての講義と実践的な演習により将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

  

2018年5月

 
5/17

独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施している「地方自治研修」の開講式が行われました。

5月16日から6月21日まで、東南アジア、中東、アフリカ諸国から12カ国12名が参加し、自治大での講義や自治体の視察等の研修が行われます。

  

2018年4月

 
4/1

自治大学校は新年度を迎え、人事異動がありました。

今年度は研修計画の見直しもあり、研修生の入校は5月からになりますが、桜は例年より早く咲き誇っています。

 

<転出>
  • 長野県産業労働部企業立地・経営支援課長へ(教授)矢後 雅司
  • 自治財政局財務調査課へ(研究部事務官)瀧澤 夏希
  • 自治税務局固定資産税課へ(教務部事務官)佐藤 元哉
<転入>
  • 教授(沖縄市副市長から)上田 紘嗣
  • 庶務課 下野 瑳紀
  • 教務部 久芝 正成

2018年3月

 
3/31

 平成29年度マネジメントコース研修生(前期4名、後期5名)の修了式が自治大学校で行われました。

 マネジメントコースは自治大学校での1年間の研修で、前期研修生は4月1日から9月30日まで研修業務に従事し、10月20日から3月16日まで第1部課程第129期にて研修を受講しました。

 後期研修生は4月14日から9月8日まで第1部課程第128期にて研修を受講し、9月下旬から3月31日まで研修業務や事例研究などの業務に従事しました。

 この1年間で得た知識や全国に広がるネットワーク、自治大学校での勤務で得た経験は今後の大きな財産となるでしょう。

今後の益々のご活躍をお祈りします。

  
  
3/23

 第2部課程第181期の卒業式が自治大学校で行われました。北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった125名の研修生は、1月10日に入校し、約2か月半、自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

  
 
3/16

 第1部課程第129期(52名)の卒業式が自治大学校で行われました。10月20日から約5か月間自治大学校で学びました。講義・演習等で得た知識・経験はもちろんのこと、苦楽をともに過ごし培ってきた全国の仲間とのネットワークは、これからの公務員人生において大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

  
3/2

 カンボジア内務省行政総局研修局局長ら7名が本校を訪問されました。

 現在、カンボジアでは、中央政府から地方行政体へ向けた人材育成支援体制の確立を目指し、その一環として地方公務員の研修機関設立を計画しています。

 研修員は、日本の地方公務員研修制度及び自治大学校の概要について講義を受けた後、校内見学を行い、質疑応答の時間を通して自治大学校について学ばれました。

  
 

2018年2月

 
2/9

 第1部・第2部特別課程 第34期(110名)の卒業式が自治大学校で行われました。この課程は、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付け、女性幹部候補の養成を目的としているものです。1月16日に入校し、4週間弱自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

  
 

2018年1月

 
1/31

 山口大学に所属する留学生22名が本校を訪問されました。留学生は、日本の地方自治制度や自治大学校の概要説明を受けた後、校内見学を行い、質疑応答の時間を通して活発な議論がなされました。

  
1/28

 1月28日(日)に立川市・自治大学校が共催で市民公開講座を開催し、パラリンピアンの成田真由美さんより「東京2020オリンピック・パラリンピックに私たちは何ができるか」をテーマにご講演いただきました。

 当講座は平成15年に立川市に移転して以来、立川市と共催で毎年開催されている講座で、今回で15回目になります。これまで平日の夜に開催してきましたが、今回初めての試みとして日曜日の午後に開催することとしたところ、当日はおよそ100名もの聴講者が来校してくださいました、中には障害を持った方々も来校され、講演後には積極的な質疑応答が交わされるなど盛況のうちに終了しました。

 講座では、成田さんご自身の生い立ちや経験談を中心に、辛いことがあっても前向きに物事を捉えて乗り越えてこられたことや、バリアフリー化されている駅のトイレや駐車場であっても、「本当に障害者かどうか」を確認されなければ使用できない不便さをお話いただきました。また、成田さんのご厚意で、アテネで獲得された金メダルを聴講者全員が手に取らせていただくことができました。

 成田さん自らの経験に裏打ちされた率直な言葉には、はっとさせられることが多く、日頃いかに私たちが自分本位で生活をしているのかに気づかされました。参加者からは「意識を変えることの重要性を学ばせてもらった」、「区別と差別を間違えないよう意識したい」、「困っている人に対して、お手伝いしましょうか? の声がけを自然とできるようにしたい」等の感想が寄せられるなど、それぞれが自分にできることを改めて考え直すことができた非常に有意義な講演会でした。

  
1/16

 第1部・第2部特別課程 第34期の入校式が自治大学校で行われました。この課程は、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付けられ、女性幹部候補の養成を目的としているものです。日本全国から集まった110名の研修生は、これから4週間程、地方行財政制度や公共政策、行政経営等、中堅幹部として必要な能力を向上するための研修を受講します。

  
1/10

 第2部課程第181期の入校式が自治大学校で行われました。 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった125名の研修生は、これから3月23日まで約2ヶ月の間、基本法制、地方行財政論、公共政策論等についての講義と実践的な演習により将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

  

2017年12月

 
12/22

 第2部課程第180期の卒業式が自治大学校で行われました。北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった147名の研修生は、10月11日に入校し、約2か月半、自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

  
 
12/15

 監査・内部統制専門課程の卒業式が自治大学校で行われました。

 10月31日に入校し、約1か月半自治大学校で学びました。

 ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。

  
12/5

 ウガンダ国西ナイル地域で地域の発展や公共サービスに携わる、中央政府の行政官及び地方公務員11名が本校を訪問されました。
研修員は、日本の地方公務員研修制度及び自治大学校の概要について講義を受け質疑応答を行った後、校内見学を通して自治大学校について学ばれました。

  

2017年11月

 
11/14

 明治大学大学院留学生12名が自治大学校を実地調査のため訪問されました。自治大学校の概要説明を受けた後、校内見学・自治大学校長表敬を行い、質疑応答の時間を通して活発な議論がなされました。

  
 

2017年10月

 
10/31

 監査・内部統制専門課程第18期の入校式が自治大学校で行われました。

 北は北海道から南は宮崎まで、全国から集まった18名の研修生は、これから12月15日まで約1ヶ月半の間、監査や内部統制の理論と実務について必要な知識の修得を目指します。

  
10/27

 自治大学校では、前年度の卒業生を対象に研修成果を振り返る場として「事後研修会」を毎年実施していますが、今年は明治維新から150年目にあたることから、これを「明治150年記念事業」と位置づけ、作家の童門冬二先生をお招きして「維新と自治体」と題する記念セミナーを10月27日(金)、当校講堂において開催しました。

 約600名の参加者が真剣なまなざしとともに熱心に耳を、盛況のうちに閉会となりました。

 卒業生の皆さんにおかれましては、本校を卒業された後においても、その大きな使命を十分に自覚され、研修を通じて身につけられた知識を、それぞれの分野において存分に発揮され、また、自治大学校での研修期間を通じて得られた全国的な人的ネットワークを活用して、山積する諸課題の解決に向けて積極的に取り組んで頂きたいと思います。

  
10/20

 第1部課程第129期の入校式が自治大学校で行われました。

 日本全国から集まった52名の研修生は、これから3月16日まで約5ヶ月の間、公共政策大学院水準の高度な研修を通じて、将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

  
10/17

 ネパールの連邦制・地方開発省、地方開発研修学院職員10名が本校を訪問されました。地方開発研修学院は、連邦制・地方開発省が所管している独立法人で、自治大学校とほぼ同様の役割を果たしている組織です。
 研修員は、日本の地方公務員研修制度及び自治大学校の概要について講義を受けた後、校内見学を行い、質疑応答の時間を通して自治大学校について学ばれました。

  
  
10/12

 税務専門課程(税務・徴収コース)第15期(87名)の卒業式が自治大学校で行われました。

 9月5日からの約5週間、徴収実務の指導者に求められる知識や技能を修得するための研修を受けてこられました。ここで築いた講師や仲間との強固な絆と講義・演習で培った知識や経験は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後もより一層の自己研鑽に努められ、各自治体で山積する課題に積極果敢に取り組んでいただくことを期待します。

   
10/11

 第2部課程第180期の入校式が自治大学校で行われました。

 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった147名の研修生は、これから12月22日まで約2ヶ月半の間、基本法制・経済や地方行財政論、公共政策論等についての講義と実践的な演習により将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

   

2017年9月

 
9/29

 税務専門課程35期(会計コース)の卒業式が自治大学校で行われました。

 7月4日に入校し約3ヶ月自治大学校で学びました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍とご健勝をお祈りします。

   
9/15

 第1部・第2部特別課程第33期(106名)の卒業式が自治大学校で行われました。

 この課程は、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付け、女性幹部候補の養成を目的としているものです。8月22日に入校し、4週間弱自治大学校で学びました。

 

 ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

   
9/8

 第1部課程第128期(55名)の卒業式が自治大学校で行われました。

 4月14日から約5か月間自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。

 今後の益々のご活躍をお祈りします。

   
9/5

 税務専門課程第15期税務・徴収コースの入校式が自治大学校で行われました。

 日本全国から集まった87名の研修生は、これから10月12日までの約5週間、税務職員に求められる知識や技能を習得するための講義とロールプレイングなどの実践的な演習により、地方税の賦課、徴収に係る資質の向上を目指します。

   

2017年8月

 
8/22

 第1部・第2部特別課程 第33期の入校式が自治大学校で行われました。

 この課程は、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付けられ、女性幹部候補の養成を目的としているものです。

 日本全国から集まった106名の研修生は、これから4週間程、地方行財政制度や公共政策、行政経営等、中堅幹部として必要な能力を向上するための研修を受講します。

   
8/4

 第3部課程第108期(130名)の卒業式が自治大学校で行われました。

 7月11日に入校し、約3週間自治大学校で学びました。

 ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習で培った知識や経験は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。

 今後の益々のご活躍とご健勝をお祈りします。

   

2017年7月

 
7/28

 第2部課程第179期(67名)の卒業式が自治大学校で行われました。5月17日に入校し、約2か月半自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

   
7/21

 「7月21日にバングラディシュ地方行政研修所局長が来校し、自治大の施設を見学す るとともに自治大の役割について説明を受けました。」

  
 
7/11

 7月11日にコートジボアールの内務省、ベケ州関係者等8名の方々が本校を訪問され、自治大学校の役割、業務の概要についての説明を受けました。

   
7/11

 第3部課程第108期の入校式が自治大学校で行われました。

 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった130名の研修生は、これから8月4日までの約4週間、地方制度・法制や公共政策論等についての講義と実践的な演習により、幹部職員としての政策形成能力及び行政経営能力の増進を目指します。

   

2017年6月

 
6/22

 独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施している「地方自治研修」が終了し、閉講式、送別会が行われました。

 研修員の皆さんは、日本の地方行財政制度等の講義や地方自治体の視察を通して学んだ知識を活かし、それぞれ母国の地方自治の発展のためご活躍されます。

   
6/16

 政策専門課程第13期(97名)の卒業式が6月16日に自治大学校で行われました。5月30日に入校し、約3週間自治大学校で学びました。

 ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。

 今後の益々のご活躍をお祈りします。

   

2017年5月

 
5/23

 初夏を思わせるまぶしい日差しが差し込む自治大学校の池に、今年もカモの親子が姿を見せてくれました。

 睡蓮や花菖蒲の花と共にカモの親子の仲睦まじい姿がみんなの心をなごませてくれています。

   
5/18

 「独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施している「地方自治研修」の開講式が行われました。

 5月17日から6月22日まで、東南アジア、中東、アフリカ諸国から14カ国16名が参加し、自治大での講義や自治体の視察等の研修が行われます。」

   
5/17

 第2部課程第179期の入校式が自治大学校で行われました。北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった68名の研修生は、これから7月28日まで約2ヶ月半の間、基本法制・経済や地方行財政論、公共政策論等についての講義と実践的な演習により、将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

  

2017年4月

 
4/21

 第1回防災特別研修が開催されました

 4月20日(木)・21日(金)に自治大学校で初めて、全国の防災・危機管理の事務責任者を対象とした第1回防災特別研修を実施しました。参加したのは全47都道府県及び19政令指定市の防災・危機管理責任者や防災関係省庁の幹部等130人以上で、各自治体の責任者自らの参加も8割と高い参加率で、また初日には普段官邸から遠く離れることができない高橋内閣危機管理監も特別に来校し、基調講演を行いました。

 各々の自治体の災害担当責任者であるがゆえに、長期にわたる研修は難しいため、その期間はわずか2日間でしたが、4月に人事異動で就任したばかりの防災責任者の方も多く、実際に起こった災害対応事例の体験談や課題、NPOの具体的な支援活動などが紹介されると盛んにメモを取るとともに、受援体制や連携強化の必要性、対応力の向上などについて活発に意見が交わされました。また20日夕刻からの大食堂での意見交換会にもほとんどの人が参加し、情報交換や交流が活発に行われるなど「互いに顔が見える関係」の構築、災害ネットワークの強化に向けて精力的に活動していました。

 研修後のアンケートによる満足度調査(5段階評価)でも最高の「5」が49.1%、「4」が47.4%とあわせて96.5%が満足との極めて高い評価であり、多くの参加者から「国と地方団体が一堂に会しての意見交換で極めて有意義」「毎年開催すべき」との感想が寄せられました。

 こうした声を受け、来年度以降もさらに工夫を重ねながら開催してきたいと考えています。

  
4/14

 第1部課程第128期の入校式が自治大学校で行われました。

 北は青森県から南は沖縄県まで、日本各地から集まった55名の研修生が9月8日までの約5ヶ月の間、共に研修生活を送ります。

 第1部課程では、将来の地方公共団体を担う幹部候補生に対して、約半年間で公共政策大学院と同水準を目指した高度な研修が行われます。

  
4/1
<転出>
  • 大臣官房付へ (部長教授) 川島 司
  • 大臣官房付へ (教務部長併任教授) 古川 牧雄
  • 消防庁予防課課長補佐へ (教授) 山中 浩太郎
  • 地方公務員安全衛生推進協会総務課長へ (庶務課主幹) 古川 大樹
  • 自治財政局公営企業課準公営企業室下水道事業係長へ (庶務課会計係長) 関本 徹
  • 内閣府規制改革室へ (研究部事務官) 田中 勇人
  • 自治財政局財務調査課へ (研究部事務官) 福井 健太郎
  • 自治税務局企画課へ (教務部事務官) 豊田 光功
<転入>
  • 研究部長併任教授(香川県総務部長から) 野本 祐二
  • 庶務課長併任教授 (日本消防協会審議役から) 早川 和一
  • 教授併任研究部 (個人情報保護委員会事務局総務課課長補佐から) 岡ア 洋子
  • 教授 (串間市地方創生特命部長から)矢後 雅司
  • 庶務課会計係長 (国土交通省国土政策局離島振興課企画係長から) 西嶋 大文
  • 庶務課併任研究部 (ラグビーワールドカップ2019組織委員会事務局から) 後藤 知穂
  • 研究部 瀧澤 夏希
  • 教務部 佐藤 元哉

自治大学校は新年度を迎え、人事異動がありました。

桜も満開になり、今年度も多くの研修生を迎える準備をしています。

  

2017年3月

 
3/30

平成28年度マネジメントコース研修生(前期3名、後期5名)の修了式が自治大学校で行われました。

マネジメントコースは自治大学校での1年間の研修で、前期研修生は4月1日から9月30日まで研修業務に従事し、10月18日から3月17日まで第1部課程第127期にて研修を受講しました。

後期研修生は4月13日から9月9日まで第1部課程第126期にて研修を受講し、9月下旬から3月31日まで研修業務や事例研究などの業務に従事しました。

この1年間で得た知識や全国に広がるネットワーク、自治大学校での勤務で得た経験は今後の大きな財産となるでしょう。

今後の益々のご活躍をお祈りします。

  
  
3/24

第2部課程第178期(118名)の卒業式が自治大学校で行われました。1月11日に入校し、約2か月半自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。

今後の益々のご活躍をお祈りします。

  
3/17

第1部課程第127期(49名)の卒業式が自治大学校で行われました。10月18日から約5か月間自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

  
3/13

ベトナム共産党から、中央各機関党団体委員会副書記長を始めとする18名の方々が訪問され、日本の地方公務員研修制度及び自治大学校の概要についての説明を受けました。

  

2017年2月

 
2/17

 市民公開講座を開催しました。

 平成28年度は、老舗ガラス工房の小樽市の誘致でガラスのまちや、ものづくりのまちのブランド化を実現し、NHKの番組にも出演された東京農業大学教授、内閣官房シティマネージャー(特別参与)の木村俊昭氏に「地域創生 成功の方程式はあるのか?」と題して、実学・現場重視、全体最適思考で、地域創生に関する「できない」を「できる!」化する成功の方程式についてご講演いただきました。

  
2/10

 第1部・第2部特別課程第32期(109名)の卒業式が自治大学校で行われました。この課程は、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付け、女性幹部候補の養成を目的としているものです。1月18日に入校し、4週間弱自治大学校で学びました。

 卒業に当たり、高市早苗総務大臣から研修生にお祝いと激励のメッセージが寄せられ、神林教授が代読しました。

 ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

  
2/9

 JICAによるプロジェクトの一環で、ウガンダからユンベ地区やゾンボ地区の行政長を始めとする10名の方々が本校を訪問し、地方公務員に対する研修及び自治大学校の概要についての説明を受けました。

  

2017年1月

 
1/30

 熊本市内で「平成28年熊本地震」をテーマに地方自治セミナーが開催されました。熊本県庁や熊本県内市町村をはじめ、北海道から沖縄まで全国各地から200名を超える方々が参加されました。

 はじめに蒲島熊本県知事がご挨拶された後、熊本県危機管理防災課長が熊本地震の概要を説明し、続いて兵谷自治大学校長が基調講演を行いました。

 さらに、熊本地震において実際に現場で活躍されたパネラー5人によるパネルデイスカッションが行われ、参加者は真剣なまなざしで話を聞いていました。

(写真)
蒲島熊本県知事
(写真)
兵谷自治大学校長
(写真)
パネラー
(左から)
  • 熊本県健康福祉政策課
    課長 野尾晴一朗氏
  • 熊本県西原村
    副村長 内田安弘氏
  • 資源エネルギー庁長官官房総合政策課
    課長補佐 西田光宏氏
  • 熊本赤十字病院 第一救急科
    部長 奥本克己氏
  • 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク
    事務局長 明城徹也氏
(写真)
会場全体図
(写真)
セミナー開催時の熊本城
1/27

  JICAによるプロジェクトの一環で、ヨルダン王室事務所及び内閣省などから9名のヨルダン人研修生を受入れ、地方自治制度や地方分権の歴史について講義を行いました。

  
1/20

  平成3年に自治大学校(当時は港区麻布にありました。)を卒業した第1部課程 第76期の卒業生有志23名が自治大学校に集まり、同窓会(兼)研修会を自治大学校の洗心寮への泊付きで行いました。研修会では、兵谷自治大学校長が校長講話を行った後、平成3年度の卒業アルバムの閲覧、自治大学校の施設見学を行いました。その後校内の研修生集会室において行われた交流会では、久しぶりの再会を懐かしみながら、思い出話に花を咲かせ大いに盛り上がりました。第1部課程 第76期卒業生の皆様の今後の益々のご活躍をお祈りします。

 
1/18

   第1部・第2部特別課程 第32期の入校式が自治大学校で行われました。 この課程は、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付け、女性幹部候補の養成を目的としているものです。 北は北海道から南は鹿児島まで、日本全国から集まった109名の研修生は、これから4週間弱、地方行財政制度や公共政策、行政経営等、中堅幹部として必要な能力を向上するための研修を受講します。

  
1/11

  第2部課程第178期の入校式が自治大学校で行われました。 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から集まった118名の研修生は、これから3月24日まで約2ヶ月半の間、基本法制・経済や地方行財政論、公共政策論等についての講義と実践的な演習により将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

  

2016年12月

 
12/22

  第2部課程第177期(158名)の卒業式が自治大学校で行われました。10月7日に入校し、約2か月半自治大学校で学びました。ここで築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は、公私両面にわたり大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

  
12/5

  ホーチミン国家政治学院ハノイ支部(第I支部)から、Dau Tuan Nam副学院長を始めとする5名の方々が訪問され、日本の地方公務員研修制度及び自治大学校についての講義を受けました。

  
 

2016年11月

 
11/8

  明治大学大学院留学生10名が自治大学校を訪問されました。地方公務員の研修制度について、講義や質疑応答の中で活発な議論がなされました。

  
11/1

 監査・内部統制専門課程第17期の入校式が自治大学校で行われました。北は北海道から南は宮崎まで、全国から集まった16名の研修生は、これから12月16日まで約1ヶ月半の間第31次地方制度調査会における監査、内部統制に関する議論も踏まえ、監査や内部統制の理論と実務について必要な知識の修得を目指します。

  
 

2016年10月

 
10/25

 韓国から権鮮文大学教授を始めとする3名の研究者グループが自治大学校を訪問し、日本の地方公務員研修制度及び自治大学校についての講義を受けました。

 
10/21

 自治大学校では、校友会が会員の親睦及び研鑽の場として毎年開催する校友会総会に併せ、前年度卒業生を対象とし、自治大学校での研修終了後の改めての学びの場として事後研修会を開催しています。
 今年も10月21日(金)に自治大学校講堂にて関西学院大学大学院経済学研究科・人間福祉学部教授 小西砂千夫先生を講師としてお招きし「最近の地方財政の課題」について御講演を頂きました。
 約600名の参加者が真剣なまなざしとともに熱心に耳を傾けていました。
 卒業生の皆さんは本校を卒業された後においても、その大きな使命を十分に自覚され、研修を通じて身につけられた知識を、それぞれの分野において存分に発揮され、また、研修期間、その後の交流を通じて得られた全国をカバーするネットワークを活用して、山積する課題に積極的に取り組んで頂きたいと思います。
 本日の研修がそのような役割を担う卒業生の皆さんにとって実り多いものとなりますことを願っています。

 
10/18

 第1部課程第127期の入校式が自治大学校で行われました。
 北は青森から南は沖縄まで、日本各地から集まった49名の研修生が、これから来年3月17日までの約5ヶ月の間、共に研修生活を送ります。
第1部課程では、将来の地方公共団体を担う幹部候補生に対して約半年で公共政策大学院水準を目指した高度な研修を行います。

 
10/10〜10/14

  兵谷自治大学校長がマニラで行われたEROPA執行理事会及びセミナーに出席しました。執行理事会ではEROPA地方行政センター所長として、海外からの国家・地方公務員に対する研修など、平成28年度までに実施した取組を報告しました。

 
10/7

 第2部課程第177期の入校式が自治大学校で行われました。
 日本全国から集まった158名の研修生は、これから12月22日まで約2ヶ月半の間、基本法制・経済や地方行財政論、公共政策論等についての講義と実践的な演習により将来の中枢幹部として必要な政策形成能力及び行政経営能力の修得を目指します。

 

2016年9月

 
9/8

 高市総務大臣が、自治大学校をご視察されました。

 最初に、今年4月より約半年の研修を行ってきた第1部課程の政策立案研究発表会に参加され、研修生の発表を聞かれた後、ご自分の体験を元に語りかけられ、全国から集まっている研修生に力強く激励していただきました。

 次に、「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として、地方公共団体の女性幹部候補生に対し高度な研修を行う第1部・第2部特別課程の研修生と、「女性の視点から見た自治体における働き方改革」をテーマに意見交換を行いました。
 研修生からは、女性職員としての様々な悩みや働き方について意見が出されましたが、大臣はそれらに対し一つ一つ丁寧にお答えをいただき、研修生一同感激しておりました。
 高市大臣、ご来校ありがとうございました。

 

 

2016年6月

 
6/16

独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施した「地方自治研修」が終了し、送別会が行われました。研修生の皆さんは、明日から再び行政の最前線に戻り、各国、各自治体の発展のために、ご活躍されます。

2016年5月

 
5/12

独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施している「地方自治研修」の開講式が行われました。
5月11日から6月16日まで、アルゼンチン、バングラディッシュ、ブータン、カンボジア、コートジボワール、エジプト、コソボ、ラオス、ミャンマー、ネパール、南アフリカ共和国、タンザニア、ベトナム13カ国15名が参加し、研修が行われます。

 

2016年2月

 
2/5

市民公開講座を開催しました。
今年度はドラマ「ナポレオンの村」のモデルとなった高野誠鮮氏に「ローマ法王に米を食べさせた男」と題して、まちづくりやビジネスを成功に導く思考方法や理念、戦略をご講演いただきました。

 

2016年1月

 
1/25

土屋総務副大臣が自治大学校を視察されました。
各課程の研修生を激励されたほか第1部・第2部特別課程では、研修生と意見交換をされました。

 
1/19

第1部・第2部特別課程 第30期の入校式が自治大学校で行われました。
高市早苗総務大臣から全国から集まった研修生に激励のメッセージが寄せられ、川口教授が代読しました。

 
1/10 自治大学校人事異動
<転入>
  • 部長教授(消防庁国民保護・防災部防災課国民保護室長 併任 内閣官房副長官補付から) 川島 司
1/9 自治大学校人事異動
<転出>
  • 相模原市副市長へ(部長教授) 古賀 浩史

2015年11月

 
11/17

明治大学大学院ガバナンス研究科の留学生の方々が、自治大学校を訪問されました。

 
11/12

JICAの研修事業の一環でマレーシア国の初任行政官の方々が、自治大学校を訪問されました。

2015年10月

 
10/17〜21

平嶋自治大学校長が上海で行われたEROPA総会及び執行理事会並びにセミナーに出席しました。執行理事会では、EROPA地方行政センター所長として、EROPA加盟国の研究者の執筆による地方行政をテーマとした比較研究論文集「Comparative Studies of Public Administration」第12巻の発刊等を報告しました。

 

2015年9月

 
9/11

第1部・第2部特別課程第29期(116名)の卒業式が自治大学校で行われました。
この課程は地方公共団体の女性幹部登用を支援する「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付けられており、116名全員が女性職員でした。約3週間の研修期間でしたが、それぞれ成果を持ち帰っていただきました。将来、女性幹部職員としてご活躍されますことを期待いたします。

9/9

第1部課程第124期(56名)の卒業式が自治大学校で行われました。
4月から約5か月間と長期にわたる自治大学校での講義・演習等で得た知識や全国の仲間とのネットワークは大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りいたします。

9/7

高市早苗総務大臣が、自治大学校をご視察されました。
第1部課程の政策立案研究発表会等を視察されたほか、地方公共団体の女性登用を支援する「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置づけられている第1部・第2部特別課程の研修生と意見交換を行い、全国から参加された研修生に激励の言葉をいただきました。

2015年8月

 
8/20

第1部・第2部特別課程 第29期の入校式が自治大学校で行われました。
北は北海道札幌市、南は沖縄県と日本全国から集まった116名の研修生は、これから約3週間、地方行財政論や公共政策論、行政経営論等、中堅幹部として必要な能力の向上を向上するための研修に参加します。
第1部・第2部特別課程は、地方公共団体の女性登用を支援する「地方公務員女性幹部養成支援プログラム」として位置付けられています。

 

2015年7月

 
7/31 自治大学校人事異動
<転出>
  • 内閣官房内閣人事局人事政策統括官へ(自治大学校長)三輪 和夫
  • 消防庁国民保護・防災部防災課地域防災室長へ(研究部長 併任 教授)木村 宗敬
  • 政治資金適正化委員会事務局参事官補佐へ(研究部員)小川 大和
<転入>
  • 自治大学校長(総務省自治税務局長から)平嶋 彰英
  • 自治大学校研究部員(総務省大臣官房秘書課主査から)桑名 真也
7/23 JICAとGRIPSによるプロジェクトの一環でベトナム国家行政学院(NAPA)教員の方々が、自治大学校を訪問されました。
7/13
<転入>
  • 自治大学校教授(総務省大臣官房秘書課課長補佐から)川口 真友美
7/10

JICAによるプロジェクトの一環でコートジボワール国から教育省官房長を始め5名が、自治大学校を訪問されました。

  
7/2

税務専門課程第33期の入校式が自治大学校で行われました。
日本全国から集まった20名の研修生は、これから3ヶ月間、企業会計における国際基準の動向や地方公会計改革の現状などを踏まえた簿記及び会計学から税法、経営分析に至るまで幅広い内容を学び、地方公共団体の上級税務・会計職員として必要な知識の修得を目指します。

 

2015年6月

 
6/25

独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施した「地方自治研修」が終了し、送別会を開催しました。
研修生の皆さんは、今回の研修で学んだ知識を活かし、それぞれの母国の地方自治の発展のためご活躍されます。

6/3

政策専門課程第11期の入校式が自治大学校で行われました。
日本全国から集まった112名の研修生は、これから2週間、公共政策の基礎理論、政策形成の手続等の公共政策総論のほか、社会保障、環境、産業振興、防災・危機管理など公共政策の各分野の課目の講義と、地方行政に関係する課題、事例を題材とした地域の課題を発見、解決する能力を養う演習により、諸課題に迅速に対応し、的確な政策が展開できる能力の向上を目指します。

 

2015年5月

 
5/25

独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施している「地方自治研修」の開講式が行われました。アルゼンチン、バングラデシュ、ブータン、コロンビア、ネパール、フィリピン、南アフリカ、タンザニア、ベトナムの9カ国から行政の第一線でご活躍されている15名の方が参加し、5月25日から6月25日まで、一ヶ月間研修が行われます。

5/14

第2部課程第173期の入校式が自治大学校で行われました。
日本全国から集まった78名の研修生は、これから7月24日まで約3ヶ月の間、法制経済や地方行財政論、公共政策論等について、それぞれの分野の第一人者による講義と実践的な演習により地方公務員としての政策形成能力及び行政管理能力の向上を目指します。

 

2015年4月

 
4/9

第1部課程第124期の入校式が自治大学校で行われました。
南は沖縄から、北は青森まで日本各地から集まった56名の研修生が、これから9月9日まで約5ヶ月の間、共に研修生活を送ります。

 
4/1 自治大学校人事異動
<転出>
  • 人事院公平審査局首席審理官へ (部長教授) 荻野 剛
  • 復興庁統括官付参事官付参事官補佐へ (教授) 石切山 真孝
  • 日本消防協会総務部長 兼 秘書室長へ (庶務課長 併任 教授) 川上 正博
<転入>
  • 部長教授(内閣官房内閣参事官 (内閣人事局)から) 古賀 浩史
  • 庶務課長併任教授 (地方公共団体金融機構検査役から) 冨沢 重則
  • 教授 (奈良県総務部財政課長から) 中井 孝一
  • 教務部  関根 蓮

2014年7月

 
7/4

JICAによる研修の一環でコートジボワール国からの研修員(7名)が、自治大学校を訪問されました。

2014年6月

 
6/23

JICAによるプロジェクトの一環でスリランカ国からの研修員(8名)が、自治大学校を訪問されました。

6/3

独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施している「地方自治研修」の開講式が行われました。6月3日から7月3日まで、バングラデシュ、ブータン、コロンビア、エルサルバドル、ガーナ、ケニア、ミャンマー、フィリピン、ルワンダ、スリランカ、タンザニア、ネパールの12カ国12名が参加し、研修が行われます。

2014年5月

 
5/8

第2部課程第170期(97名)の入校式が自治大学校で行われました。

2014年4月

 
4/10

タイ・ソンクラ−市長、市職員等(47名)が、自治大学校を訪問されました。

4/8

第1部課程第122期(53名)の入校式が自治大学校で行われました。

4/1 自治大学校人事異動
<転出>
  • 内閣府参事官(災害緊急事態対処担当)(政策統括官(防災担当)付)併任内閣官房内閣参事官(内閣官房副長官補付)命内閣官房東日本大震災対応総括室参事官へ(部長教授) 荻澤滋
  • 自治税務局固定資産税課固定資産鑑定官へ(研究部長併任自治大学校教授) 永井克典
  • 地方競馬全国協会監事へ(教務部長併任自治大学校教授) 石黒久也
  • 自治税務局企画課主幹へ(国際研修専門官併任庶務課主幹) 橘直良
  • 自治行政局選挙部政治資金課収支情報開示室主査へ(庶務課庶務係長) 茂木菊雄
  • 外務省(在インド日本国大使館二等書記官)へ(大臣官房秘書課主査併任自治大学校研究部) 瀬尾佑
  • 高松市財政局次長(財政課長事務取扱)へ(研究部主査) 外囿暖
  • 総務省大臣官房総務課主査へ(研究部) 小泉 光輝
  • 自治税務局企画課へ(大臣官房秘書課併任教務部) 柿本克俊
<転入>
  • 教務部長併任教授(地方自治情報センター研究開発部付主席研究員 兼 総務部付主席研究員から) 古川牧雄
  • 研究部長併任教授(秋田県総務部長から) 木村 宗敬
  • 大臣官房秘書課課長補佐併任自治大学校教授(新潟県総務管理部財政課長から) 功刀岳秀
  • 国際研修専門官併任庶務課主幹(自治大学校庶務課会計係長から) 橋場 光孝
  • 庶務課会計係長(自治財政局公営企業課公営企業経営室交通事業係長から) 関本徹
  • 庶務課庶務係長(大臣官房会計課物品管理係長から) 小川大介

2014年3月

 
3/19

第2部課程第169期(120名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

3/18

第1部課程第121期(65名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

3/10

JICA青年研修の一環で、バングラデシュ国中央政府幹部候補若手職員15名が、自治大学校を訪問されました。

2014年2月

 
2/7

研修専門課程第34期(17名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

2/6

立川市との共催で市民公開講座が、自治大学校で開催されました。小泉純一郎元総理主席秘書官を務め、現在は内閣官房参与として御活躍中の飯島勲氏に「政治主導と行政」と題してご講義いただきました。多数のご参加ありがとうございました。

2014年1月

 
1/29

監査専門課程第14期(16名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

1/28

研修専門課程第34期(17名)の入校式が自治大学校で行われました。

1/9

第2部課程第169期(120名)の入校式が自治大学校で行われました。

2013年12月

 
12/27

第2部課程第168期(195名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

12/18

ベトナム内務省職員及び各県市総務部幹部職員が自治大学校を訪問されました。

12/2.3

平成25年度全国研修所長・人材育成担当課長等会議を開催しました。
概要を以下のページでお知らせします。
平成25年度全国研修所長・人材育成担当課長等会議の概要

2013年11月

 
11/19

監査専門課程第14期(16名)入校式が自治大学校で行われました。

11/14

政策専門課程 新時代・公共政策コース第2期(60名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

11/1 自治大学校人事異動
<転出>
  • 厚生労働省社会・援護局 簡素な給付措置支給業務室長補佐(教授) 安藤高広

2013年10月

 
10/29

明治大学大学院留学生6名が自治大学校を訪問されました。

10/29

政策専門課程 新時代・公共政策コース第2期(60名)入校式が自治大学校で行われました。

10/24

第1部課程第121期(65名)の入校式が自治大学校で行われました。

10/22

第2部課程第168期(195名)の入校式が自治大学校で行われました。

10/3

税務専門課程第86期徴収事務コース(98名)、第1部第2部特別課程第26期(108名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

10/1

税務専門課程第85期税務会計特別コース(20名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

2013年9月

 
9/10

第1部第2部特別課程第26期(108名)の入校式が自治大学校で行われました。

9/4

第1部課程第120期(54名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

2013年8月

 
8/30

バングラデシュ国行政官4名とバングラデシュ国ブラモンバリア市長1名が自治大学校を訪れました。

8/21

税務専門課程第86期徴収事務コース(98名)の入校式が自治大学校で行われました。

8/8

政策専門課程 新時代・地域経営コース第6期(111名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

8/1

政策研究大学院大学YLP(Young Leaders Program)留学生(10名)が自治大学校を訪れました。

2013年7月

 
7/25

第3部課程第104期(130名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

7/24

政策専門課程 新時代・地域経営コース第6期(111名)の入校式が自治大学校で行われました。

7/17

第2部課程第167期(63名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

7/4 自治大学校人事異動
<転出>
  • 辞職(自治大学校長) 武居丈二
<転入>
  • 自治大学校長(千葉県副知事から) 坂本森男
7/2

第3部課程第104期(130名)の入校式が自治大学校で行われました。

2013年6月

 
6/26

税務専門課程第85期税務会計特別コース(20名)の入校式が自治大学校で行われました。

6/10

独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施している「地方自治研修」の開講式が行われました。6月10日から7月19日まで、バングラデシュ、ブータン、ガーナ、コソボ、ミャンマー、ネパール、フィリピン、シオラレオネ、タンザニア、ベトナム及びイエメンの11カ国13名が参加し、研修が行われます。

2013年5月

 
5/9

第2部課程第167期(63名)の入校式が自治大学校で行われました。

5/1 自治大学校人事異動
<転入>
  • 研究部主査(自治財政局財政課総務室から) 瀬尾佑

2013年4月

 
4/19

坂本副大臣が来校し、研修や校内の視察を行いました。

4/9

第1部課程第120期(54名)の入校式が自治大学校で行われました。

4/1 自治大学校人事異動
<転出>
  • 大臣官房秘書課(教授 併任 国際研修専門官) 椋田那津希
<転入>
  • 教授(青森県総務部市町村振興課長から) 大川亜沙奈
  • 教務部主査(大臣官房政策評価広報課から) 後藤知穂

2013年3月

 
3/22

自治大学校修士課程連携特別研修生(政策研究大学院大学との連携6名)の学位授与式が政策研究大学院大学で行われました。

3/15

第2部課程第166期(134名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

3/14

第1部課程第119期(61名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

2013年2月

 
2/21

第1部課程第119期の皆さんが奉仕活動を行いました。

2013年1月

 
1/29

研修専門課程第33期(19名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

1/29

立川市との共催で市民公開講座が、自治大学校で開催されました。「デフレの正体」の著者、藻谷浩介氏に、「『デフレの正体』から見た人口成熟時代を生き抜くまちづくり」と題して、ご講義いただきました。多数のご参加ありがとうございました。

1/23

自治大学校人事異動 <転入> ・校長(大臣官房地域力創造審議官から) 武居丈二<転出> ・内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)併任 内閣府規制改革推進室長(校長) 滝本純生

1/17

研修専門課程第33期(19名)の入校式が自治大学校で行われました。

1/9

第2部課程第166期(134名)の入校式が自治大学校で行われました。

2012年12月

 
12/18

第2部課程第165期(165名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

12/13

韓国法制処職員3名が自治大学校を訪問されました。研修終了後、意見交換会を行いました。

2012年11月

 
11/13

第2部課程第165期の皆さんが奉仕活動を行いました。

11/8

第3部課程第103期(34名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

11/1

ガーナ国行政官6名が自治大学校を訪問されました。研修終了後、意見交換会を行いました。

2012年10月

 
10/26

平成24年度第58回校友会事後研修会がTKPガーデンシティ品川で行われ、約500名の参加がありました。

10/25

第3部課程第103期の皆さんが奉仕活動を行いました。

10/17

第3部課程第103期(34名)の入校式が自治大学校で行われました。

10/16

明治大学大学院留学生17名が自治大学校を訪問されました。研修終了後、意見交換会を行いました。

10/16

第1部課程第119期(61名)の入校式が自治大学校で行われました。

10/11

第2部課程第165期(165名)の入校式が自治大学校で行われました。

10/3

税務専門課程第84期(徴収事務コース)(99名)並びに第1部・第2部特別課程第25期(109名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

2012年9月

 
9/28

税務専門課程第83期(税務会計特別コース)(15名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

9/11

自治大学校人事異動 <転入> ・校長(地域活性化センター事務局長から) 滝本純生 <転出> ・自治税務局長(校長) 株丹達也

9/11

第1部第2部特別課程第25期研修生(109名)の入校式が行われました。

9/7

税務専門課程第83期の皆さんが奉仕活動を行いました。

9/4

第1部課程第118期(61名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

2012年8月

 
8/1

自治大学校人事異動 <転入> ・部長教授(自治税務局都道府県税課税務管理官から) 荻澤滋 ・主査(内閣官房東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会事務局局員から) 外囿暖

8/2

政策研究大学院大学YLP(Young Learders Program)留学生(10名)が自治大学校を訪れました。

8/8

政策専門課程(新時代・地域経営コース)第5期(109名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

8/21

税務専門課程第84期研修生(99名)の入校式が行われました。

2012年7月

 
7/3

第3部課程第102期研修生(102名)の入校式が行われました。

7/12

第2部課程第164期研修生(66名)の卒業式が行われました。
自治大学校で得た知識、能力及び人脈を礎にした、今後の益々のご活躍をお祈りします。

7/24

政策専門課程(新時代・地域経営コース)第5期(109名)の入校式が自治大学校で行われました。

7/26

第3部課程第102期研修生(102名)の卒業式が行われました。
自治大学校で得た知識、能力及び人脈を礎にした、今後の益々のご活躍をお祈りします。

7/31

自治大学校人事異動
<転出> ・沖縄振興開発金融公庫総務部長(部長教授) 松元照仁

2012年6月

 
6/4

独立行政法人国際協力機構(JICA)と共催で実施している「地方自治研修」の開講式が行われました。6月4日から7月13日まで、ブータン、ガーナ、ギニア、インドネシア、ミャンマー、ネパール、フィリピン、ソロモン諸島及びベトナムの9カ国12名が参加し、研修が行われます。

6/19

監査専門課程第13期(16名)の卒業式が行われました。

自治大学校で得た知識、能力及び人脈を礎にした、今後の益々のご活躍をお祈りします。

6/26

税務専門課程第83期(税務会計特別コース)(15名)の入校式が自治大学校で行われました。

6/30 自治大学校人事異動
<転出>
  • 地方公務員災害補償基金企画課長(大臣官房付 併任 大臣官房参事官 併任 自治大学校 命 大臣官房企画官事務取扱) 井上博士

2012年5月

 
5/8

第2部課程第164期(66名)の入校式が自治大学校で行われました。

5/14

第1部・第2部特別課程第25期(111名)の通信研修オリエンテーションが行われました。

5/16

政策専門課程(新時代・公共政策コース)第1期(57名)の入校式が自治大学校で行われました。

5/31

政策専門課程(新時代・公共政策コース)第1期(57名)の卒業式が自治大学校で行われました。自治大学校で築いた全国の仲間とのネットワークや講義・演習等で得た知識は大きな財産となることでしょう。今後の益々のご活躍をお祈りします。

2012年4月

 
4/1 自治大学校人事異動
<転出>
  • 救急振興財団事務局総務部長 兼 同部総務課長(教務部長) 防後勝彦
  • 行政評価局評価監視調査官(自治大学校研究部員) 津田正法
  • 公務員部公務員課主幹 併任 同課高齢者対策室主幹(自治大学校庶務課主幹) 伊藤章司
  • 自治税務局企画課(自治大学校庶務課) 藤本昌也
<転入>
  • 自治大学校副校長 併任 大臣官房審議官(自治財政局財政課長併任消防庁国民保護・防災部参事官から) 黒田武一郎
  • 研究部長 併任 教授(地域活性化センター総務部総務課長から) 永井克典
  • 庶務課主幹(自治税務局市町村税課住民税第一係長から) 橘直良
  • 研究部員(自治税務局都道府県税課主査から) 神林真美香
  • 庶務課(沖縄県企画部市町村課から) 小泉太輝
4/4

中国大連市行政学院の6名が自治大学校を訪問されました。

4/10

第1部課程第118期(61名)並びに監査専門課程第13期(16名)の入校式が自治大学校で行われました。

 
10/25

 韓国から権鮮文大学教授を始めとする3名の研究者グループが自治大学校を訪問し、日本の地方公務員研修制度及び自治大学校についての講義を受けました。

10/21

 自治大学校では、校友会が会員の親睦及び研鑽の場として毎年開催する校友会総会に併せ、前年度卒業生を対象とし、自治大学校での研修終了後の改めての学びの場として事後研修会を開催しています。

 今年も10月21日(金)に自治大学校講堂にて関西学院大学大学院経済学研究科・人間福祉学部教授 小西砂千夫先生を講師としてお招きし「最近の地方財政の課題」について御講演を頂きました。

 約600名の参加者が真剣なまなざしとともに熱心に耳を傾けていました。

 卒業生の皆さんは本校を卒業された後においても、その大きな使命を十分に自覚され、研修を通じて身につけられた知識を、それぞれの分野において存分に発揮され、また、研修期間、その後の交流を通じて得られた全国をカバーするネットワークを活用して、山積する課題に積極的に取り組んで頂きたいと思います。

 本日の研修がそのような役割を担う卒業生の皆さんにとって実り多いものとなりますことを願っています。

ページトップへ戻る