トップページへ戻る パケット君ブログトップにもどる
情報通信白書 for Kids パケット君ブログ パケット君が情報通信の今を語る!
最新記事

インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユビキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信

パケット君安全ガイド
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ

目的別ナビ
パケットちゃん デジタルサイネージで広告が変わる

みんなは駅や電車の中、お店などで「デジタルサイネージ」(電子広告)という広告を見たことがあるかな? 電子ボードに映像(えいぞう)が映し出されたり、スライドショーのように画面が変わったりしていく広告だよ。

イラスト1 駅のデジタルサイネージ

デジタルサイネージを設置することで、紙の張りかえが必要なくなり、またその場所に、その時通り過ぎる人たちの傾向(けいこう)にあわせて、映し出す広告を簡単に差しかえることができるようになったんだ。

ネットワークを利用することで、遠い場所からでも、操作して、画面を切り替えることができるんだよ。

イラスト2 デジタルサイネージの仕組み
デジタルサイネージは、広告だけでなく、例えば地震(じしん)などの災害情報をすぐに表示させるといったこともできるので、役所や図書館などの公共施設や病院など、様々な場所で利用が期待されているようだよ。これまでチラシや紙で伝えていた情報を、必要な人に、タイミングよく伝えるのに適しているからなんだね。

イラスト3 デジタルサイネージの展開




Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.