トップページへ戻る パケット君ブログトップにもどる
情報通信白書 for Kids パケット君ブログ パケット君が情報通信の今を語る!
最新記事

インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユビキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信

パケット君安全ガイド
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ

目的別ナビ
パケットちゃん 地上デジタルテレビ放送で何がかわる?

「地上デジタルテレビ放送」、略(りゃく)して「地デジ」。これまでのテレビ放送とどこがちがうのかな?

地上デジタルテレビ放送で何がかわる? イメージ図1

アナログ方式の場合、放送局から電波がみんなの家に届(とど)くまでの間に、雑音(ざつおん)で映像(えいぞう)や音質(おんしつ)が悪くなってしまったり、高い建物(たてもの)や山などの影響(えいきょう)で、電波がさえぎられたりすることで、映像が乱(みだ)れて見にくくなってしまうという問題があるんだ。でも、 デジタル化をすると、雑音の影響を受けにくく、どこでも、映像と音声がとてもきれいに見られるようになるよ。

「デジタル」方式にすると、他(ほか)にもこんなにいいことがあるよ。

地上デジタルテレビ放送で何がかわる? イメージ図2

  • テレビ放送と一緒(いっしょ)にニュースや天気など便利(べんり)な情報(じょうほう)も見られるよ。
  • テレビを見ながら買い物をしたり、インターネットなどを通じてクイズ番組に参加(さんか)するなど、今までにない新しくて楽しい参加型(がた)の放送が楽しめるよ。
  • 携帯電話(けいたいでんわ)やカーナビでも、テレビ番組が見られるよ。
  • 1週間先までの番組情報が見られるようになるよ。これを電子番組表(EGPというよ)


地上デジタルテレビ放送を見るにはどうしたらいいんだろうね。

地上デジタルテレビ放送で何がかわる? イメージ図3

「地上デジタルテレビ放送」をみるには、地上デジタル放送用のチューナーが内蔵(ないぞう)されたテレビが必要(ひつよう)で、残念(ざんねん)ながら今使っている「地上アナログテレビ」ではそのまま「地上デジタル放送」をみることができないんだ。でも安心して!今使っている地上アナログテレビに、地上デジタルテレビ放送用受信機(じゅしんき)(チューナ)と、UHFアンテナを付ければ見られるようになるよ。またケーブルテレビでも受信はできるから確認(かくにん)してみよう。

地上デジタルテレビ放送で何がかわる? イメージ図4

デジタル方式には、いろいろなメリットがあるので、日本をはじめ世界中(せかいじゅう)切(き)り替(か)えが進んでいるんだよ。日本では、切り替えの最中(さいちゅう)なので、両方見ることができるけど、2011年7月24日には現在(げんざい)の地上アナログ放送は終了(しゅうりょう)となり、地上デジタルテレビ放送だけになる予定なんだよ。テレビの世界はここ数年で大きく変(か)わっていくんだね。今までより色々なことができるようになるからこれから楽しみだね。

※2011年7月24日をもって、アナログテレビ放送は終了しました(岩手、宮城、福島を除く。)。
※2012年3月31日をもって、岩手、宮城、福島の3県のアナログ放送は終了しました。




Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.