ホームメディアミュージアム歴史館>電波を使って情報を伝えるメディア―ラジオ放送のしくみ  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
メディア歴史館
メディアしくみ体験館
メディア展示室
学ぼう!情報通信
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
メディアミュージアム
歴史館
電波を使って情報を伝えるメディア
[5-2-S] ラジオ放送のしくみ

ラジオ放送局では、マイクで声を電気の波に変(か)えて、電波に乗せて放送します。

放送局から送り出されるニュースや音楽を、たくさんの人々が同時に聴(き)くようになり、人々の娯楽(ごらく)や生活習慣(せいかつしゅうかん)に大きな影響(えいきょう)を与えました。

情報が届く(とどく)のが遅い(おそい)田舎(いない)に住んでいる人でもラジオで最新(さいしん)の話題を聴くことができましたし、文字を読めない人が多い国では、新聞や本を読む代りとしても、ラジオ放送は役に立ちました。

[ ラジオ放送局のしくみ]

ラジオ受信機(じゅしんき)は、電波をアンテナで受信して、もとの声を取り出します。

[ ラジオ受信機のしくみ]

しくみ体験館(たいけんかん)へリンク:2.電波ってなあに(1)電波の単位(たんい)(波長(はちょう)と周波数(しゅうはすう))
しくみ体験館へリンク:2.電波ってなあに(2)電波のいろいろ


(注) このページをご覧(らん)いただくためにはFlash Playerが必要(ひつよう)です。プラグインをダウンロードする>>

トップページへ メディアミュージアム:目次にもどる もどる


Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.