ホームモバイル通信の世界モバイル通信でできること>こんなところで役にたっているよ:防災  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
モバイル通信ってなに?
モバイル通信でできること
モバイル通信のしくみ
モバイル通信利用上の注意
モバイル通信の統計
モバイル通信ものしりクイズ
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
モバイル通信の世界
モバイル通信でできること
こんな所で役にたっているよ
防災

携帯電話(けいたいでんわ)を活か(いか)し緊急事態(きんきゅうじたい)に対応(たいおう)

1)ガス漏(も)れ
東京ガスでは、ガス漏れ事故(じこ)等が発生した時、より速く的確(てきかく)な対応(たいおう)ができるよう、指令基地(しれいきち)の端末(たんまつ)と緊急車両(きんきゅうしゃりょう)の車載用端末(しゃさいようたんまつ)を携帯電話で結(むす)び、情報(じょうほう)の共有化(きょうゆうか)を図(はか)るシステムを作ったんだ。

このシステムにより、通報(つうほう)受付(うけつけ)から出動車両の割(わ)り当(あ)て、現場(げんば)の位置(いち)の確認(かくにん)、作業状況管理(さぎょうじょうきょうかんり)、完了報告(かんりょうほうこく)までを、指令基地と緊急車両とが、リアルタイムで情報の確認を行いながら進めることができるようになったんだ。

また、デジタルカメラを組み合わせることにより、指令基地にいても現場の様子が画像(がぞう)で見ることができるので、作業がとても進めやすくなったということだよ。
2)火事や交通事故(こうつうじこ)
火事や交通事故が発生した場合、できるだけ早く正確(せいかく)に現場の情報を収集(しゅうしゅう)し、正確な判断(はんだん) を行わなければなりません。

尾三(びさん)消防本部(愛知県)では、今までの無線機(むせんき)による消防本部(しょうぼうほんぶ)と現場間の連絡(れんらく)に加え、平成11年4月から、携帯電話を利用した「動画伝送装置(どうがでんそうそうち)搭載調査車(とうさいちょうさしゃ)」を使い始めたんだ。

この車は、交通事故(こうつうじこ) 、火災(かさい)の様子を、リモートカメラで消防本部指令課(しれいか)に伝送(でんそう)できる車で、消防本部では現場の状況(じょうきょう)を画面で確認できるんだ。

どんな種類の消防車をどのくらい現場に送ったらいいのか、より客観的(きゃっかんてき)に判断(はんだん)ができるようになったそうだよ。
防災イメージ図
トップページへ モバイル通信の世界:目次にもどる もどる


Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.