ホームモバイル通信の世界モバイル通信でできること>こんなところで役にたっているよ:気象観測  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
モバイル通信ってなに?
モバイル通信でできること
モバイル通信のしくみ
モバイル通信利用上の注意
モバイル通信の統計
モバイル通信ものしりクイズ
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
モバイル通信の世界
モバイル通信でできること
こんな所で役にたっているよ
気象観測(きしょうかんそく)

衛星(えいせい)携帯電話(けいたいでんわ)を利用(りよう)した気象観測(きしょうかんそく)システムで、世界遺産(せかいいさん)の自然環境(しぜんかんきょう)を継続(けいぞく)観察(かんさつ)

世界遺産に登録(とうろく)されている「白神山地(しらかみさんち)」は、衛星携帯電話を利用して気象観測を行っているよ。白神山地に限ら(かぎら)ず、森林の生態系(せいたいけい)の観察等を行うためには、継続的(けいぞくてき)に気象データを集めることがとても重要(じゅうよう)なことなんだ。

でも、白神山地は、冬にたくさんの雪が降(ふ)り積(つ)もる豪雪地帯(ごうせつちたい)のため、冬の間は人が広大なブナの原生林(げんせいりん)に実際(じっさい)に足を踏み(ふみ)入れ、気象観測を行っていくことはとても難(むずか)しい。また、世界遺産地域内(ちいきない)では、無人観測施設(むじんかんそくしせつ)を作るための大規模(だいきぼ)な工事が行えない。そこで、白神山地世界遺産センター(西目屋館)では、平成10年10月に衛星携帯電話を利用した気象観測システムを作ったんだ。携帯電話は、地震(じしん)・火山活動、生物の生態(せいたい)等、人が入っていけない所の様々(さまざま)な調査(ちょうさ)、実験(じっけん)等でも、役に立っているんだね。


気象観測イメージ図
トップページへ モバイル通信の世界:目次にもどる もどる


Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.