ホームパケット君安全ガイドルールとマナー>文字でのやりとりが中心  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
ルールとマナー インターネット利用上の約束ごと
文字でのやりとりが中心
インターネットでのコミュニケーションは電子メールや掲示板(けいじばん)、チャットなど文字でのやりとりが中心となります。文字でのやりとりでは、相手の声や表情(ひょうじょう)が伝(つた)わってきませんし、こちらの声や表情(ひょうじょう)を伝えることもできません。次のようなことに注意しましょう。
  • インターネットの向こう側(がわ)にいるのは「人間」です。普段(ふだん)の生活で守らなければならない最低限(さいていげん)の礼儀作法(れいぎさほう)をわきまえて行動(こうどう)しましょう。
  • 書(か)いた側にとっては何も問題(もんだい)がないと思われる文章であっても、それを読んだ相手側にとっては、不愉快(ふゆかい)に感じたり、反感(はんかん)をおぼえたり、時には怒(いか)りのもとになったりすることもあります。電子メールや掲示板などのメッセージは、送る前に、相手の気持ちになって一度読んでから送るようにしましょう。
  • たとえ、いたずらのつもりでも、友だちなど別(べつ)の人の名前を使ってメールを出したり、掲示板の書(か)き込(こ)みをしたりしてはいけません。

トップページへ ルールとマナー:目次にもどる もどる


Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.