ホーム学ぼう!情報通信情報社会とわたしたち>情報社会とわたしたちのくらし・「情報社会」への進展  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信
日本をささえる情報通信
情報社会とわたしたち
情報通信業界で働く人々
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
情報社会とわたしたち

「情報社会」への進展

わたしたちがくらす社会は、歴史(れきし)の流れとともに「農業社会」から「工業社会」へ、そして「情報社会(じょうほうしゃかい)」へと進展(しんてん)してきていると言われます。

農業社会」では、人の力が社会を動かす重要(じゅうよう)な要素(ようそ)でした。「工業社会」では、機械(きかい)の力が社会を動かす重要な要素でした。そして、「情報社会」では、情報の力が社会を動かす重要な要素となっています。

例(たと)えば、農作物を作る農業は昔も今もありますが、最初(さいしょ)は人手や家畜(かちく)に頼(たよ)っていたものが(農業社会)、トラクターなどの機械に頼るようになり(工業社会)、そして、今ではバイオテクノロジーや気象情報(きしょうじょうほう)などを駆使(くし)したもの(情報社会)になってきています。
農業社会から工業社会を経て情報社会へと進展していくイメージ

モノを作ったり、日々の生活をおくることは、昔も今も同じですが、「情報」を積極的(せっきょくてき)に活用することにより、人々の働(はたら)き方、くらし方は大きく変(か)わってきたと言えます。

農業社会」から「工業社会」への移行(いこう)には蒸気機関(じょうききかん)などが大きな役割(やくわり)を果(は)たしましたが、「情報社会」への移行(いこう)にはコンピュータとネットワークが大きな役割を果たしています。

コンピュータには情報がいっぱい!


コンピュータは大量(たいりょう)の情報を非常(ひじょう)に速い速度で処理(しょり)することができ、ネットワークは大量の情報をいろいろな場所に非常に速い速度で送ることができます。このようにしてやりとりされる大量の情報をもとに、わたしたち人間は、さまざまなことを考え判断(はんだん)し、モノを作ったり、日々の生活をおくったりしているのです。

情報社会への進展へのイメージ
もくじ
情報社会とわたしたちのくらし
「情報社会」への進展(しんてん)
「情報インフラ」の発達(はったつ)
世界のみんなが豊(ゆた)かになるために
「情報社会」における問題
「情報を持つ者」と「情報を持たない者」との差
みんなで支(ささ)える情報社会
すべてのコンピュータがつながるために
インターネットがスムーズに動くために
わたしたち一人一人が支える「情報社会」
トップページへ 情報社会とわたしたち:目次にもどる もどる
Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.