ホーム学ぼう!情報通信情報社会とわたしたち>情報社会とわたしたちのくらし・「情報インフラ」の発達  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信
日本をささえる情報通信
情報社会とわたしたち
情報通信業界で働く人々
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
情報社会とわたしたち

「情報インフラ」の発達

社会のあちこちにあるコンピュータやネットワークを合わせて「情報(じょうほう)インフラ」と言いますが、ここ数年の情報インフラの発達(はったつ)には目をみはるものがあります。

インターネット」の進展(しんてん)とともに世界中(せいかいじゅう)のコンピュータがネットワークで結(むす)ばれ、地球の反対側(はんたいがわ)にいる人同士(ひとどうし)であっても、瞬時(しゅんじ)に情報交換(じょうほうこうかん)やコミュニケーションができるようになりました。

世界中の人と情報交換を可能にするインターネットのイメージ

携帯電話(けいたいでんわ)などの「モバイル」の普及(ふきゅう)により、どこにいても、たとえ移動中(いどうちゅう)であっても、電話をかけたり、ネットワークに接続(せつぞく)したりできるようになりました。

ブロードバンド」の広がりによって、それまではあまりできなかった大容量(だいようりょう)の動画(どうが)や音楽なども高速で送り合えるようになりました。

最近(さいきん)では「ユビキタス」コンピューティングの研究(けんきゅう)や実験(じっけん)がさかんに行われており、将来(しょうらい)は社会のさまざまなものに小さなコンピュータが埋(う)めこまれて非常(ひじょう)に便利(べんり)な社会になると言われています。

情報インフラを活用することで生活が便利になります


このように日々発達する情報インフラを活用しながら、わたしたちは毎日のくらしをおくっています。

情報インフラの発達のイメージ
もくじ
情報社会(じょうほうしゃかい)とわたしたちのくらし
  「情報社会」への進展(しんてん)
「情報インフラ」の発達(はったつ)
世界のみんなが豊(ゆた)かになるために
「情報社会」における問題
「情報を持つ者」と「情報を持たない者」との差
みんなで支(ささ)える情報社会
すべてのコンピュータがつながるために
インターネットがスムーズに動くために
わたしたち一人一人が支える「情報社会」
トップページへ 情報社会とわたしたち:目次にもどる もどる
Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.