ホーム学ぼう!情報通信情報社会とわたしたち>世界のみんなが豊かになるために・「情報社会」における問題  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信
日本をささえる情報通信
情報社会とわたしたち
情報通信業界で働く人々
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
情報社会とわたしたち

「情報社会」における問題

情報(じょうほう)インフラがどんどん整備(せいび)されていくことによって、わたしたちの社会は豊(ゆた)かで便利(べんり)なものになっていきます。しかし、その一方で問題もあります。

一つは、情報を扱(あつか)うための機器(きき)を操作(そうさ)できなければ、いくら情報インフラが発達(はったつ)してもそれを有効(ゆうこう)に活用(かつよう)することができないということです。これらの機器を扱うためには、教育やトレーニングを受ける必要(ひつよう)があります。このような状況(じょうきょう)を受けて、学校でも情報やコンピュータについて学ぶ授業(じゅぎょう)が進められています。また、政府(せいふ)は各地(かくち)で情報やコンピュータについて学ぶ講習会(こうしゅうかい)の開催(かいさい)を促進(そくしん)したり支援(しえん)したりしています。このような動きは、今後ますます必要になってくることでしょう。

情報インフラの利用には機器の操作が不可欠


情報を扱うための機器の操作については、もう一つの問題があります。それは、機器の使いやすさに関(かん)するものです。情報機器はさまざまなことを実現(じつげん)できるようにするために新しい機能(きのう)をどんどん増(ふ)やし、それとともに、操作方法(そうさほうほう)がどんどん複雑(ふくざつ)になっていく傾向(けいこう)にあります。社会が便利な方向に進めば進むほど、使いにくいものが増えていくとしたら、それは本当の意味での豊かな社会ではなくなってしまいます。特(とく)に、情報機器の操作に不慣(ふな)れな高齢者(こうれいしゃ)や身体(しんたい)に障害(しょうがい)のある人にとって、これは非常(ひじょう)に大きな問題です。

複雑になりがちな機器の操作性は情報社会の抱える問題のひとつ


今「ユニバーサルデザイン」という考え方が注目されています。これは、年齢(ねんれい)や性別(せいべつ)、障害の有無(うむ)にかかわらず、だれにとっても快適(かいてき)な環境(かんきょう)を作ろうという考え方です。情報機器やインターネットのウェブサイトなどにも、この「ユニバーサルデザイン」という考え方がじょじょに広まりつつあります。

ユニバーサルデザインのイメージ
もくじ
情報社会(じょうほうしゃかい)とわたしたちのくらし
「情報社会」への進展(しんてん)
  「情報インフラ」の発達(はったつ)
世界のみんなが豊かになるために
「情報社会」における問題
「情報を持つ者」と「情報を持たない者」との差
みんなで支(ささ)える情報社会
すべてのコンピュータがつながるために
インターネットがスムーズに動くために
わたしたち一人一人が支える「情報社会」

 
トップページへ 情報社会とわたしたち:目次にもどる もどる
 
Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.