ホームメディアミュージアムしくみ体験館>アナログとデジタルってなあに-(3)なんでデジタルにするの?  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
メディア歴史館
メディアしくみ体験館
メディア展示室
学ぼう!情報通信
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
メディアミュージアム
しくみ体験館
アナログとデジタルってなあに
(4)なんでデジタルにするの?

デジタル信号(しんごう)には、再現(さいげん)させやすいという特徴(とくちょう)があります。
「再現」とは、もとの形にもどすということです。

電話で話しをしているときに途中(とちゅう)に、 カミナリなどで電気信号(でんきしんごう)の形がくずれた場合、 アナログ電話では、くずれた形がそのまま音になるので、雑音(ざつおん)が聞こえます。

[アナログ電話とノイズ]

デジタル電話では、電気信号の形がくずれても 信号がある高さより高ければ1、ある高さより低ければ0、というように、もとの信号の形にもどすことができるので、雑音を取(と)り除(のぞ)いて、もとの音を聴(き)くことができます。

[ デジタル電話とノイズ]

(注) このページをご覧(らん)いただくためにはFlash Playerが必要(ひつよう)です。プラグインをダウンロードする>>
トップページへ メディアミュージアム:目次にもどる もどる


Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.