ホームメディアミュージアムしくみ体験館>電波(でんぱ)ってなあに-(1)文字を伝えるしくみ  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
メディア歴史館
メディアしくみ体験館
メディア展示室
学ぼう!情報通信
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
メディアミュージアム
しくみ体験館
コンピュータはどうやって情報を伝えるの
(1)文字を伝(つた)えるしくみ

2台のコンピュータの間で、文字を伝えるしくみを見てみましょう。
下の図では、左の人が「こんにちは」という文字を、右の人に伝えています。
[2台のパソコンで「こんにちは」を送る]

コンピュータは、全(すべ)ての文字に背番号(せばんごう)を付(つ)けて管理(かんり)しています。

文字の背番号

[文字の背番号]

まず、「こんにちは」の「こ」の文字を伝えるために、コンピュータは「こ」の背番号をしらべます。

[パソコンが背番号を調べる]

「こ」の背番号(せばんごう)は「3053」でした。

次に、「3053」を0と1のデジタル信号(しんごう)に変換(へんかん)して送ります。
(数字の変換(へんかん)を詳(くわ)しく知りたい人は「2進数(しんすう)」のページを見てください。)


[背番号を送る]

デジタル信号を受け取った右のコンピュータは、0と1の信号から「3053」という背番号を読み取ります。

[背番号を読み取る]

そして、「3053」はどの文字の背番号なのかを調べます。

[背番号から文字を調べる]

「3053」は「こ」の背番号でした。

[2台のパソコンで「こんにちは」を送る]

同じような繰(く)り返しで、そのほかの「ん」「に」「ち」「は」も送ります。

(注:「こ」の背番号3053は架空(かくう)の番号です。)


(注) このページをご覧(らん)いただくためにはFlash Playerが必要(ひつよう)です。プラグインをダウンロードする>>

トップページへ メディアミュージアム:目次にもどる もどる


Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.