ホーム情報通信用語集>は行  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
情報通信用語集

は行
【ハードディスク】
パソコン上で使用するソフトウェアのプログラムや、作成(さくせい)した文章や画像(がぞう)などのデータを記憶(きおく)しておく情報記録媒体(じょうほうきろくばいたい)。
【ハイパーテキスト】
普通(ふつう)の本のように最初(さいしょ)のページから最後(さいご)のページまで順番(じゅんばん)に読んでいくという直線的(ちょくせんてき)な構造(こうぞう)ではなく、ある文書の特定(とくてい)の部分(文字や絵など)をクリックすると、その部分に関連(かんれん)した別(べつ)の文書にリンクするようなしくみをもったテキストです。WWWは、ハイパーテキストの構造をもっています。
【ハイパーリンク】
ハイパーテキストの中で、ある文書の特定部分(とくていぶぶん)から別(べつ)の文書に飛(と)ぶしくみです。
【パケット】
ネットワーク上でデータを送る時にデータを小包(こづつみ)のようにまとめて送る時の単位(たんい)。この情報通信(じょうほうつうしん)白書forKidsのキャラクターのパケット君・パケットちゃんは、このパケットから名づけられました。
【パソコン通信(つうしん)】
中央に置(お)かれたホストコンピュータに対して、多くのユーザーがパソコンでアクセス し相互(そうご)にコミュニケーションするしくみ。同じ趣味(しゅみ)や関心(かんしん)をもっている人同士(どうし)が情報交換(じょうほうこうかん)する場として活用している。
【バックアップ】
プログラムやデータなどなくなると困(こま)るファイルを、フロッピーなど別(べつ)の記録(きろく)メディアにコピーして保存(ほぞん)すること。
【光ファイバケーブル】
光ファイバを使った通信(つうしん)ケーブルのこと。一般的(いっぱんてき)に使われているケーブル(メタルケーブル)より、高速なデータの伝送(でんそう)が行える。
【非接触型(ひせっしょくがた)ICカード】
アンテナが内蔵(ないぞう)され、外部の読み取り装置(そうち)(リーダー)にかざすだけでデータを送受信(そうじゅしん)できるICカードです。
情報通信キーワード
【ビデオオンデマンド】
テレビのように時間割(じかんわり)に従(したが)って流れてくる映像(えいぞう)を見るのではなく、あらかじめサーバーに蓄積(ちくせき)された映像(えいぞう)を、見たいときに見られるようにしたしくみ。
【標準化(ひょうじゅんか)】
メーカーごとに違(ちが)う技術(ぎじゅつ)を使うとおたがいにつながらないため、共通(きょうつう)の技術を、さまざまなメーカーの人やユーザー(利用者(りようしゃ))が集まっていっしょに考え出すということ。
【フィルタリング】
インターネットのウェブページなどを一定の基準で評価判別し、違法(いほう)・有害なウェブページなどのぞく作業を行うソフトウェア。
【不正(ふせい)アクセス】
他人のパスワードを盗(ぬす)んで、その人になりすましてコンピュータにアクセスするこ と。法律(ほうりつ)で禁止(きんし)されている。
【プライバシーポリシー】
インターネット上のサービスにおいて、サービス提供(ていきょう)者が明らかにする、サービスを受ける者の個人情報の取りあつかい方針(ほうしん)のこと。メールアドレスや通信記録の管理方法などを明らかにしたものです。
【ブラウザ】
ホームページにアクセスするためのソフトウェアです。ネットスケープ・ナビゲータ(Netscape Navigator)、インターネット・エクスプローラ(Internet Explorer)などが代表的(だいひょうてき)なブラウザです。
【プラグイン】
ブラウザが対応(たいおう)していないような映像(えいぞう)や音声などのファイルをブラウザのウィンドウ内で見られるようにするための仕組みです。
【プラットフォーム】
情報通信技術を利用するための基盤(きばん)となるハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク事業など。また、それらの基盤技術。
【プリンター】
パソコンに記録(きろく)されている画像(がぞう)データ、文字データなどを紙などに印刷(いんさつ)するための出力装置(しゅつりょくそうち)。
【ブログ】
Weblog(ウェブログ)の略称(りゃくしょう)。ホームページよりも簡単(かんたん)に個人(こじん)のページを作成し、公開できる仕組みになっており、個人的な日記や個人のニュースサイト等が作成・公開されています。
【ブロードバンド】
インターネットにアクセスするための太くて速い回線。ADSL、ケーブルインターネット、FTTHなどいろいろな種類(しゅるい)があります。
【フロッピーディスク】
薄(うす)いディスク(円盤(えんばん))でできた情報記録媒体(じょうほうきろくばいたい)。
【プロバイダ】
インターネットへ接続(せつぞく)をしてくれる会社や組織(そしき)です。ISP(アイエスピー、または、インターネットサービスプロバイダ)とも呼(よ)ばれます。
【ポータルサイト】
インターネットに接続した際に最初にアクセスするウェブページ。分野別に情報を整理しリンク先が表示されています。
【ホームページ】
WWWサーバーの上におかれたコンテンツで、エイチ・ティー・エム・エル(HTML)で書(か)かれた複数(ふくすう)のファイル(ページ)で構成(こうせい)されている。文字だけでなく、写真や音やビデオなどを発信(はっしん)することができる。また、ハイパーリンクという機能(きのう)により、同じWWWサーバー内、あるいは、異(こと)なるWWWサーバーにあるページどうしを相互(そうご)にリンクづけすることができる。一つのWWWサーバーにおかれているコンテンツ全体を「ウェブサイト」と呼(よ)び、その1ページ目を「ホームページ」と呼ぶ場合もある。
トップページへ 情報通信用語集:目次にもどる もどる


Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.