ホーム情報通信用語集>ま行  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
情報通信用語集

ま行
【マウス】
パソコンの画面上の位置(いち)をパソコンに知らせ、ボタンやアイコンをクリックしたり、メニューを表示(ひょうじ)させるなど、場面場面でさまざまな動作をさせる入力装置(にゅうりょくそうち)。
【無線LAN】
無線LANは、ケーブルを使わずにネットワークに接続(せつぞく)するLANシステムのこと。
【迷惑(めいわく)メール】
受信者の同意を得ずに送信される広告・宣伝(せんでん)目的の電子メール。
【メーリングリスト】
電子メールを使ってグループ全員でコミュニケーションするための名簿(めいぼ)のようなものです。
【メールアドレス】
電子メールをやりとりする際(さい)に使うアドレス。例(たと)えば、thakusho@soumu.go.jp のようなもの。@(アットマーク)を区切り記号にして、ユーザー名(左側(ひだりがわ))とドメインネーム(右側(みぎがわ))で構成(こうせい)されます。
【メールサーバ】
電子メールの送受信(そうじゅしん)を行うためのコンピュータです。
【メールヘッダ】
電子メールの最初(さいしょ)の部分にあり、メールのあて先、送り主、送った日時、題名などが書(か)いてある部分です。手紙でいうと封筒(ふうとう)にあたります。
【メール本文】
電子メールでメールヘッダーの次にくる部分で、相手に伝(つた)える文章を書(か)く部分です。手紙でいうと便(びん)せんにあたります。
【メモリーカード】
パソコンで作成(さくせい)したデータを記録(きろく)しておくためのもの。小さいので、モバイル機器(きき)のデータの記録用(きろくよう)に利用(りよう)されることが多い。
【メモリースティック】
情報記録媒体(じょうほうきろくばいたい)のひとつ。小さいので、モバイル機器(きき)のデータの記録用(きろくよう)に利用(りよう)されることが多い。
【モデム】
パソコンのデジタル信号(しんごう)を電話(でんわ)のアナログ信号に変換(へん かん)を行うことによりデータを送受信(そうじゅしん)する装置(そうち)。
【モニター】
出力装置(しゅつりょくそうち)のひとつ。パソコンに記録(きろく)されている情報(じょうほう)を表示(ひょうじ)させることのできるテレビ画面のようなもの。ディスプレイとも呼(よ)ばれます。
【モバイル】
「移動(いどう)しやすい」「動かしやすい」という意味で、「モバイル通信(つうしん)」は、「持ち運べる通信機器(つうしんきき)を使ってコミュニケーションすること」です。
【モバイルコマース】
モバイル通信(つうしん)を使って、買い物をしたり、サービスを受けたり、企業間(きぎょうかん)で取引(とりひき)をしたりすることです。
トップページへ 情報通信用語集:目次にもどる もどる


Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.