ホーム学ぼう!情報通信情報通信業界で働く人々>放送業界で働く人々  
情報通信白書 フォー キッズ
下に調べたい言葉を入力してね。
インターネットの世界
モバイル通信の世界
ユピキタスネットワークの世界
メディアミュージアム
学ぼう!情報通信
日本をささえる情報通信
情報社会とわたしたち
情報通信業界で働く人々
パケット君安全ガイド
パケット君ブログ
パケット君ゲーム
情報通信Q&A
情報通信用語集
先生・保護者の方へ
このホームページについて
キャラクター紹介
サイトマップ
目的別ナビ
情報通信業界で働く人々
放送業界で働く人々:地上波放送・衛星放送テレビを見ていると、アナウンサーや俳優(はいゆう)の後ろに、カメラマンや、照明(しょうめい)さん、音声さんなど、番組を撮影(さつえい)している人がちらっと映(うつ)ることがあるね。テレビの番組作りに関係(かんけい)している人たちがたくさんいるんだ。テレビには映らない場所でも多くの人が働(はたら)いているんだよ。

ニュースの場合、事件(じけん)があった現場(げんば)に飛(と)んでいって、現場からニュースを伝(つた)える放送記者や、中継(ちゅうけい)するための映像(えいぞう)を撮影するカメラマンがいます。


阪神大震災の取材の写真


そして、その映像を中継車(ちゅうけいしゃ)から中継所(ちゅうけいじょ)・放送局に送る人たちがいます。

中継車の写真


放送局の中には、撮影現場(さつえいげんば)から送られてきた映像をわかりやすく説明(せつめい)するための原稿(げんこう)を書(か)く人、スタジオで原稿を読む人(アナウンサー)、映像の編集(へんしゅう)を行なう人、完成(かんせい)したニュースを送出する人(技術(ぎじゅつ)スタッフ)がいます。

テレビやラジオの番組をきれいな映像や音声で表現(ひょうげん)して、正確(せいかく)に送り出し、良質(りょうしつ)な放送電波にのせて、各家(かくいえ)のテレビやラジオまで送りとどけることが技術スタッフの仕事です。


回線センターの写真


一つのニュースや番組が私達(わたしたち)の家まで送られるまでに、とても多くの人たちが協力(きょうりょく)し、日夜努力(どりょく)をしているんだね。
トップページへ 情報通信業界で働く人々:目次にもどる もどる


Copyright © Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.