第2部 情報通信の現況と政策動向
第4章 情報通信の現況

(3)視聴時間


●1日のテレビジョン視聴時間は、近年わずかに減少の傾向で、最も視聴されているのは夜20時から21時30分までの時間帯

 NHK放送文化研究所の「全国個人視聴率調査」(平成21年6月)によると、1日のテレビジョン視聴時間は3時間43分となっており、近年、わずかながら視聴時間は減少傾向にある。このうち、NHK視聴が計57分(地上放送52分、衛星放送5分)、民間他放送視聴が計2時間46分(地上放送2時間38分、衛星放送8分)となっている(図表4-4-3-4)。

図表4-4-3-4 1日当たりのテレビジョン放送視聴時間の推移
図表4-4-3-4 1日当たりのテレビジョン放送視聴時間の推移
NHK放送文化研究所「平成21年6月 全国個人視聴率調査」により作成
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/shichou/list_shichou1.html

Excel形式のファイルはこちら
 時間帯別の視聴率をみると、最もテレビジョンが視聴されているのは、夜20時から21時30分までの時間帯であり、NHK・民間他放送を合計して41%に達している(図表4-4-3-5)。

図表4-4-3-5 30分ごとの平均視聴率(全国・週平均)
図表4-4-3-5 30分ごとの平均視聴率(全国・週平均)
NHK放送文化研究所「平成21年6月 全国個人視聴率調査」により作成
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/shichou/list_shichou1.html
Excel形式のファイルはこちら
テキスト形式のファイルはこちら