行政相談

行政相談の仕組み

行政相談とは

 行政相談は、国、独立行政法人、特殊法人等が行っている業務、県・市町村の業務のうち法定受託事務に該当するもの及び国の委任又は補助を受けて行っている業務について、国民から受け付けた苦情や意見・要望を公正・中立の立場から関係機関にあっせんを行い、その解決や実現を促進するとともに、これを行政の制度及び運営の改善に反映させるものです。

行政相談の仕組みイメージ

行政相談の特色

 総務省の行政相談は、次のような特色があります。
 
 1) 苦情等を受け付ける範囲は、各府省、独立行政法人、特殊法人及び認可法人(注)の業務や地方公共団体の業務のうち法定受託事務に該当するもの及び国の委任又は補助を受けて行っているものであり、国の行政全般に及んでいます。
 2) 管区行政評価局・行政評価事務所・行政監視行政相談センター及び行政相談委員による全国ネットワークを活用して、一体となった受付・処理が可能です。
 3) 同種・類似の苦情の発生が予測されるものや、その解決に制度改正等を必要とするものについては、民間有識者で構成される行政苦情救済推進会議への付議や行政評価・監視を実施します。
 
(注)認可法人:国の出資比率が1/2以上、かつ、国の補助に係る業務を行うものに限ります。

行政相談で出来ること

 総務省の行政相談では、国や特殊法人などが取り扱う行政に関して苦情・要望等を受け付けた場合、相談者と関係機関の間に介在して、苦情が自主的に解決されるよう促進する行為(あっせん)を行っており、関係行政機関に対して指導、監督、命令する権限は付与されておりません。
 また、ご相談に応じられない内容(捜査に着手しているもの、裁判をしたもの、不服申し立てをしたもの、高度の政策判断・技術的判断を要するもの等)がありますのでご留意ください。

行政相談の受付窓口

 三重行政監視行政相談センターのほか、三重県内の各市町に少なくとも1名配置されている行政相談委員が、行政相談を受け付けています。

三重行政監視行政相談センターの受付窓口

来訪・手紙

〒514-0033
 津市丸之内26番8号 津合同庁舎3階
   三重行政監視行政相談センター 行政監視行政相談課

電話

0570−090−110(おこまりならまるまるくじょーひゃくとおばん) 【全国統一ナビダイヤル】
 
(注)
 ○ この電話番号は、お近くの管区行政評価局、行政評価事務所又は行政監視行政相談センターにつながりますので、三重行政監視行政相談センターではなく、その隣接都府県の管区行政評価局、行政評価事務所又は行政監視行政相談センターにつながることがあります。
  また、IP電話等ではご利用できない場合があります。
   上記のような場合、三重行政監視行政相談センター(行政相談窓口)へは、059−227−1100に直接おかけください。

○ ナビダイヤルでの通話には、NTTコミュニケーションズが定める通話料がかかります。電話会社の通話料割引サービスや、携帯電話の料金定額プランの無料通話は適用されませんのでご注意ください。

○ ご相談のお電話は、相談内容の正確な把握のため、録音させていただいております。

○ [月曜日〜金曜日]
   8時30分〜17時15分 職員対応
   17時15分〜8時30分 留守番電話受付

  [土曜日・日曜日・祝日]
   終日留守番電話受付 
 

FAX

059−227−6662

行政相談委員の受付窓口

自宅

お近くの行政相談委員の氏名や連絡先は、 三重行政監視行政相談センターにお尋ねください。

その他

ページトップへ戻る