政策評価とは

   平成13年1月から全政府的に政策評価制度が導入され、各府省は所掌する政策についての評価を行うことになりました。
   また、政策評価制度の実効性を高め、これに対する国民の信頼の一層の向上を図るため、平成13年6月には、「行政機関が行う政策の評価に関する法律」(平成13年法律第86号)が制定され、平成14年4月1日から施行されています。
   総務省(行政評価局)は、評価専担組織の立場から、各府省の政策についての統一性又は総合性を確保するための評価を行うとともに、各府省の政策評価の客観的かつ厳格な実施を担保するための評価を行っています。
   これらの評価は、それぞれの政策の必要性、効率性、有効性等の観点から行うものです。
 政策評価制度に関する詳しい情報は、こちらをクリックしてください。
  ■  総務省のホームページ(政策評価の総合窓口)へのリンク

政策評価情報の所在案内窓口

 群馬行政監視行政相談センターでは、例えば「政策評価に関する情報を知りたい」、「政策評価について要望がある」という方々のため、身近に何でも問い合わせなどができる「政策評価の所在案内窓口」を開設しています。
   問い合わせやご意見・ご要望は、窓口のほか、電話・ファックスでも受け付けています。
   なお、総務省のホームページの「政策評価ポータルサイト別ウィンドウで開きます」や各府省のホームページでも案内情報などを見ることができます。

ページトップへ戻る