政策評価とは

   平成13年1月から全政府的に政策評価制度が導入され、各府省は所掌する政策についての評価を行うことになりました。
   また、政策評価制度の実効性を高め、これに対する国民の信頼の一層の向上を図るため、平成13年6月には、「行政機関が行う政策の評価に関する法律」(平成13年法律第86号)が制定され、平成14年4月1日から施行されています。
   総務省(行政評価局)は、評価専担組織の立場から、各府省の政策についての統一性又は総合性を確保するための評価を行うとともに、各府省の政策評価の客観的かつ厳格な実施を担保するための評価を行っています。
   これらの評価は、それぞれの政策の必要性、効率性、有効性等の観点から行うものです。

政策評価制度に関する詳しい情報は、こちらをクリックしてください。

ページトップへ戻る