行政相談とは

国の行政に関する苦情や意見・要望をお聴きします

 

  総務省の行政相談は、国の行政などへの苦情や意見・要望を受け付け、相談者と関係行政機関の間に立ち、公正・中立な立場から関係行政機関に必要なあっせんを行い、その解決や実現を促進を図るとともに、行政の制度及び運営の改善に反映させるものです。

総務省の行政相談の特色

  1.  苦情などをお聞きする範囲は、国の行政機関の業務のほか、独立行政法人、特殊法人の業務、地方公共団体の業務のうち法定受託事務に該当するもの及び国の委任又は補助を受けて行っている業務であり、国の行政全般に及んでいます。 したがって、担当の行政機関が不明でどこに相談したらよいかわからない問題や、複数の行政機関にまたがるため、連絡や調整が必要な問題についても、総務省の行政相談は有効です。
     
  2.  苦情など相談がどの地域の問題であっても、また、相談者がどの窓口に相談されても管区行政評価局・行政評価事務所・行政監視行政相談センター及び市(区)町村に配置されている行政相談委員(全国で約5,000人)など、総務省が全国に整備した全国ネットワークを活用して、一体となった受付・処理を行うことができます。
     
  3.  行政の制度及び運営の基本に関するもので、解決が困難な相談については、民間有識者で構成される行政苦情推進会議(注)に付議して解決を図っています。また、同種・類似の苦情が予想される問題については、行政評価・監視機能を活用して、個々の苦情の解決を図るとともに、苦情の原因となっている行政の制度・運営そのももの改善を図っています。

    (注) 行政苦情救済推進会議は、関東管区行政評価局に設置しています。

          行政相談に関するくわしい説明を知りたい方は、こちらをクリックしてください。

総務省の行政相談の受付方法

 行政相談は、群馬行政監視行政相談センターや県内35市町村に配置されている行政相談委員が開催している定例相談所などのほか、電話や手紙、FAX、インターネットなどでも受け付けています。
 行政相談に難しい手続は一切ありませんので、お気軽にご利用ください。
 なお、ご相談は無料で、相談者の秘密は固く守ります。

 インターネットによる相談は、こちらをクリックしてください。

行政相談委員

 皆様のお住まいの市町村には、行政相談委員法に基づき、総務大臣から委嘱された行政相談委員(90人)が配置されています。行政相談委員は、皆様の身近な相談相手として、行政サービスに関する苦情、行政の仕組みや手続に関する相談などを受け付け、その解決のための助言や関係機関に対する通知等の仕事を無報酬で行っています。

 受け付けた相談の中で、内容が複雑なものについては、群馬行政監視行政相談センターに連絡し、解決の促進を図っています。

 群馬県内の行政相談委員が開設している定例行政相談所はこちらPDFをクリックしてください。

行政相談の実績

行政相談で解決した事例


群馬県内市町村の相談窓口

 

行政相談シンボル

行政苦情110番(全国共通)
TEL0570-090110(おこまりならまる まるくじょーひゃくとおばん)

ページトップへ戻る