行政評価局調査

行政評価局調査とは

 行政評価局が、政策の担当府省とは異なる立場から、
○複数府省にまたがる政策や各府省の業務の実施状況について、
○全都道府県に設置されている管区行政評価局・行政評価事務所を活用して全国的規模の実地調査をすることにより、政策効果や各府省の業務運営上の課題を実証的に把握・分析し、
○政策や制度・業務運営の見直し、改善方策を提示(勧告)するものです。

 複数府省にまたがる政策を評価する「政策評価」と、各府省の業務の実施状況を把握・分析する「行政評価・監視」があり、これらを総称して「行政評価局調査」といいます。

 ・行政評価局調査の仕組み

政策評価とは

 平成13年1月から全政府的に政策評価制度が導入され、各府省は所管する政策についての評価を行うことになりました。
 また、政策評価制度の実効性を高め、これに対する国民の信頼の一層の向上を図るため、平成13年6月には、「行政機関が行う政策の評価に関する法律」(平成13年法律第86号)が制定され、平成14年4月1日から施行されています。
 総務省行政評価局は、評価専担組織の立場から、各府省の政策についての統一性又は総合性を確保するための評価を行うとともに、各府省の政策評価の客観的かつ厳格な実施を担保するための評価を担っています。
 これらの評価は、それぞれの政策の必要性、効率性、有効性等の観点から行うものであり、茨城行政評価事務所(現茨城行政監視行政相談センター)は、政策評価の対象政策がどのような効果を上げているかについて実地調査を行います。

 ・政策評価に関する制度・仕組みの詳細(政策評価ポータルサイト)
 ・政策評価の結果

政策評価情報の所在案内窓口

 茨城行政監視行政相談センターでは、各府省が行っている政策評価に関する情報等を知りたいという方々のために「政策評価情報の所在案内窓口」を開設しています。

行政評価・監視とは

 各行政機関の業務の実施状況を調査し、合規性、適正性、効率性などの観点から業務運営上の問題点を明らかにします。その上で、関係行政機関に対して改善方策について勧告等を行い、行政運営の改善を図ります。
 行政評価・監視には、全国計画調査と地域計画調査があります。

全国計画調査

 全国規模での見直しを図る必要がある問題を取り上げ、管区行政評価局、行政評価事務所からなる全国調査網により現地調査を実施し、行政運営の基本的事項の改善を図ります。

地域計画調査

 管区行政評価局、行政評価事務所が独自に、その所在する地域の住民生活に密着した行政上の問題を取り上げ、調査を実施し、必要な改善を図ります。

 ・全国計画調査・地域計画調査の結果

茨城行政評価事務所(現茨城行政監視行政相談センター)における政策評価、行政評価・監視の実施状況

ページトップへ戻る