行政相談

行政相談の仕組み

行政相談とは

 総務省が行う行政相談とは、国の行政全般について、国民から苦情や意見・要望を受け付け、公正・中立な立場から関係機関に必要なあっせんを行い、その解決や実現を促進するとともに、これを行政の制度及び運営の改善に反映させるものです。

□ 行政相談について詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください。

イメージ行政相談の流れ

行政相談の特色

 総務省の行政相談は、次のような特色があります。
1) 苦情等を受け付ける範囲は、各府省、独立行政法人、特殊法人及び認可法人(注)の業務や地方公共団体の業務のうち法定受託事務に該当するもの及び国の委任又は補助を受けて行っているものであり、国の行政全般に及んでいます。
2) 管区行政評価局・行政評価事務所・行政監視行政相談センター及び行政相談委員による全国ネットワークを活用して、一体となった受付・処理が可能です。
3) 同種・類似の苦情の発生が予測されるものや、その解決に制度改正等を必要とするものについては、民間有識者で構成される行政苦情救済推進会議への付議や行政評価・監視を実施します。
(注)認可法人:国の出資比率が2分の1以上、かつ、国の補助に係る業務を行うものに限ります。

行政相談の受付窓口

 行政相談は、長野行政監視行政相談センターのほか、総務大臣が法律に基づいて委嘱している行政相談委員(すべての市町村に配置)が、来訪、電話、FAX、手紙、インターネット等により受け付けています。
 
行政相談の受付窓口
受付機関 受付場所 住所、電話番号、FAX番号等
長野行政監視行政相談センター 1)窓口(行政相談所) 〒380-0846 長野市旭町1108番地
 長野第一合同庁舎4階
 TEL 026-235-5566(代表)
 FAX 026-232-4529
2)行政苦情110番 TEL 0570-090110
※ 受付時間は、平日8時30分〜17時00分です。
 (時間外及び土日・祝日・年末年始は留守番電話で対応します。)
※ ご相談のお電話は、相談内容の正確な把握のため、録音させていただいております。
3)インターネット インターネットによるご相談をご要望の方はこちらをクリックしてください。
行政相談委員 1)自宅 お近くの行政相談委員の氏名や連絡先は、行政評価事務所・行政監視行政相談センターにお尋ねください。
2)定例・巡回行政相談所 以下の「行政相談委員による行政相談所の開設状況」をご覧ください。

国・県・市一日合同行政相談所

 総務省の行政相談は、国の行政機関等の業務に対する苦情や意見・要望などをお聞きするものですが、幅広い相談に対応できるよう他の国の機関や県・市などの協力を得て、国・県・市一日合同行政相談所を県内数か所において開催しています。
 また、行政以外の相談に対応するため、弁護士や司法書士などにも出席を依頼しています。

行政相談委員の活動

行政相談委員

 行政相談委員は、社会的信望があり、行政運営の改善について理解と熱意を有する人の中から、行政相談委員法(昭和41年法律第99号)に基づき、総務大臣が委嘱するものです。地域での皆さんの身近な相談相手として、相談を受け付け、相談者への助言や関係行政機関への通知などの仕事を無報酬で行っています。市町村に少なくとも1名の行政相談委員が配置されています。

行政相談委員の相談受付方法

 行政相談委員は、自宅のほか、市役所・町村役場、公民館などで定期的に、皆さんからの相談に応じています。

□ 行政相談委員による行政相談所の開催予定(平成29年11月以降)

長野行政評価事務所(現長野行政監視行政相談センター)における行政相談実績

行政相談による改善事例

行政相談による改善事例
相談内容 解決の結果
 ハローワークを通じて求人募集を行ったところ、65歳以上の求職者から応募があった。ハローワークから65歳以上の者を雇用した場合、高年齢者雇用開発特別奨励金が受給できるとの説明を受けたため、応募のあった求職者を雇用したが、その後ハローワークから私の事業所は雇用保険の適用事業所でなく、同奨励金の受給条件を満たしていないので、同奨励金は支給できないと説明を受けた。  ハローワークから誤解を招く説明を受けたことに納得ができない。  行政評価事務所において本件を受付け、調査した結果、同奨励金についての説明が口頭で行われており、誤解を招く可能性がったこと、また、求人票の記載不備により、窓口担当者が相談者の事業所は雇用保険適用事業所であると誤解していたことが判明した。  したがって、長野労働局等に対して、同奨励金について説明を行う際は、パンフレットを活用するなど適切な説明を行うこと等をあっせんした。この結果、長野労働局から管内ハローワークに対してあっせん内容を周知徹底した。
 国道沿いの土地にある緊急防災資機材庫という名称の建物は、雑木・雑草が刈られずに、草の中に埋もれている状態である。 必要な資機材が存在するか否かについては別にしても、景観を損ねているので、雑木・雑草を刈ってほしい。


改善前の写真
 本相談は、行政相談委員が発見した現状を行政評価事務所に報告したものである。行政評価事務所が、A国道事務所a出張所に確認したところ、当該建物がある土地は、道路占用許可を取得した民間事業者団体が占用中であり、管理責任は同団体にあることが判明したため、a出張所に対して同団体に雑木・雑草の刈取りを指導するようあっせんした結果、刈取りが実施された。

改善後の写真
 
 自宅前の町道が低くなっているため、雨のたびに水がたまり、通行人にも支障が出ているので対策を実施してほしい。

改善前の写真
 相談を受けた行政相談委員が現地を確認したところ、実際に水がたまっている状態であったため、町の建設課に改善を依頼した。その後、町によって側溝が設けられ改善した。改善後の写真

ページトップへ戻る