行政相談、行政相談委員とは

行政相談ってどんな制度?

 総務省の行政相談は、国などの行政への苦情や意見、要望を受け付け、相談者と関係行政機関の間に立ち、公正・中立の立場から、その解決や実現を促進し、また行政の制度や運営の改善に生かしています。

行政相談の流れ(イメージ図)

ご相談は、各都道府県庁所在地にある管区行政評価局・行政評価事務所や、全国に約5千人いる行政相談委員、全国19都市に開設している総合行政相談所において、直接来訪していただくか、電話、手紙、FAX、インターネットでも受け付けています。 ご相談を受けて、国の行政機関、独立行政法人、特殊法人、都道府県・市区町村に対し、あっせん・通知を行い、その結果を回答いたします。 この行政相談は、難しい手続が不要で、無料、秘密は厳守されます。 なお、受け付けた相談内容が、地方公共団体の業務などに関するものでも、必要に応じて、関係地方公共団体の相談窓口を紹介したり、参考連絡をしたりするなどの対応を行っています。

総務省の行政相談の特徴

 総務省の行政相談の特色としては、以下のようなものが挙げられます。

・どこに相談してよいか分からない問題や、複数の機関に関係し、連絡や調整が必要な問題についても適切に対処します。 ・どこの地域の問題でも、お近くの相談窓口で、簡易に受け付け、迅速に解決を図ることが可能です。 ・行政の制度及び運営に関する問題を、民間有識者で構成される行政苦情推進会議に付議し、また、同種・類似の苦情の発生が予定される場合は、行政評価局調査機能を活用して、苦情の原因となっている行政の制度・運営を改善します。

行政相談委員ってどんな人?

 行政相談委員は、社会的な信望があり、行政運営の改善について理解と熱意を有する人の中から総務大臣が委嘱するものです。地域での皆さんの身近な相談相手として、行政サービスに関する相談や行政の仕組みや手続に関する相談を受け付け、相談者への助言や関係行政機関への通知などの仕事を無報酬で行っています。

行政相談委員が開設する相談所等

 行政相談委員は、自宅のほか、市役所・町役場、公民館などで定期的あるいは巡回して、皆さんからの相談に応じています。

 □ 行政相談委員による相談所の開設日時・場所については、こちらをクリックしてください。PDF

ページトップへ戻る