行政評価局調査

行政評価局調査とは・・・

 行政評価局調査とは、行政評価局が政府内における第三者的な評価専門機関として、必要性・有効性・効率性等の観点から、
 ○複数府省にまたがる政策や各府省の業務の実施状況について、
 ○全国的規模の調査により、行政上の課題や問題点を実証的に把握・分析し、
 ○政策や制度・業務運営の見直し、改善方策を提示(勧告)する
ものです。

 行政評価局調査には、複数府省にまたがる政策の評価を行う「政策評価」と、各府省の業務の実施状況の評価を行う「行政評価・監視」があります。
※詳しくは、こちらをクリック!(総務省行政評価局ホームページへリンク)

全国計画調査と地域計画調査

「行政評価・監視」には、「全国計画調査」と「地域計画調査」の2つがあります。

★全国計画調査とは

 全国規模での見直しを図る必要がある問題を取り上げ、全国的に現地調査を実施し、関係府省に勧告等をします。
 (例)貸切バスの安全確保対策に関する行政評価・監視
     検査検定、資格認定等に係る利用者の負担軽減に関する調査 など
 ※詳しくはこちらをクリック!

★地域計画調査とは

 地域住民の生活に密着した行政上の問題を取り上げ、地域的な調査を実施し、国の出先機関等に改善を促します。
 (例)鉱山保安等に関する行政評価・監視
    国の庁舎等の利用者に係る安全・利便に関する調査 など
 ※詳しくはこちらをクリック!

沖縄行政評価事務所の役割

 全国計画調査として、総務省行政評価局が作成する計画に基づき、行政運営の実態、行政課題の発生状況等に関して、地域に密着した調査を行います。
 また、地域計画調査として、沖縄県内の行政上の課題について、独自にテーマを設定して調査を行い、必要な改善を図ります。

ページトップへ戻る