行政相談

行政相談とは

 総務省の行政相談は、国や特殊法人・独立行政法人の業務のほか、都道府県・市町村の業務のうち、国からの法定受託事務(国が直接実施すべきであるが、国民の利便性等の観点から、法令により地方公共団体が実施することとされている事務)に該当するもの、補助に係るもの等を対象として、国民の皆様からの苦情や意見、要望を受け付け、公正・中立の立場から必要なあっせんを行い、その解決や実現の促進を図るとともに、皆様の声を行政の制度及び運営の改善に反映させるものです。

 国、独立行政法人、特殊法人等の業務や手続について、

 ◆ 複数の行政機関の間に意見の相違があり手続が進まない
 ◆ 相手の行政機関の説明や対応に納得がいかない
 ◆ 苦情や困っていることがあるが、どこに相談してよいか分からない
 ◆ 制度や仕組みが分からない

 などのことがありましたら、お気軽にご相談ください。行政相談は、いろいろな行政分野の幅広い相談に対応しています。 相談は無料で、相談者の秘密は固く守ります。 難しい手続は不要です。

行政相談委員

行政相談委員は、どんな人たちですか?

行政相談委員は、民間有識者の中から総務大臣が法律に基づいて委嘱している無報酬のボランティアです。
行政相談委員は、民間有識者の中から総務大臣が法律に基づいて委嘱している無報酬のボランティアです。
全国の市区町村に必ず1人以上は配置されていて、皆様からのご相談をお受けしています。
 

どこで相談を受け付けているのですか?

 
お待ちしています! 行政相談委員は、自宅のほか、市役所や町村役場、公民館などで定期的に、また、巡回して行政相談所を開設し、住民の皆様からのご相談をお受けしています。

あなたの町の行政相談委員・行政相談所

平成28年秋の叙勲−四国の行政相談委員から1名が受章−PDF
行政相談委員表彰(平成29年度)PDF
行政相談委員総務大臣表彰(平成29年度)PDF 

行政相談の実績

相談事例(委員取扱事例)

● 標識を元通りにしてほしい

○○○
   県道の最高速度を示す規制標識が車で倒れているので、安全のために元通りにしてほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、管轄警察署に対応を依頼した結果、
  事故車を割り出して弁償させるとの回答があり、後日、標識が元通りになっていることを確認でき、安全に
  車が通行できるようになりました。

○○○

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 通学路をきれいに舗装してほしい

○○○
   通学路の一部になっている農道は、道幅が狭く、雑草が繁茂して通りづらい上、側溝の縁も見えづらく
  危険であるので改善してほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地確認の上、教育関係機関に対応を依頼した結果、農道が全面舗装され、通学路
  の安全性が向上しました。

○○○

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 安全対策を講じてほしい

○○○
   市道で車が左折するとき水路に脱輪しそうで危険であるので、改善してほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、道路管理者に対応を依頼した結果、
  水路が分かる目印としてポールが設置され、車が安全に通行できるようになりました。

○○○

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 通学路の環境を改善してほしい

○○○
   小学校の通学路である国道の歩道に、信号機の支柱がはみ出したり、水たまりができて歩きにくい箇所
  がある。毎日の通学が、安全で快適になるよう改善してほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、関係機関に連絡した結果、通行の
  障害にならないよう、信号機の移設工事が行われたほか、歩道の水たまりの箇所については路面の舗装
  が行われました。

○○○

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 安全対策を講じてほしい

○○○
   通学路の角に深い溝があり、危険となっている。毎日安全に通学できるよう、安全対策を講じてほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、道路管理者に対応を依頼した結果、
  安全柵等が設置され、安心して通学できるようになりました。


○○○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 利用されなくなった横断歩道橋を撤去してほしい

○○○
   小学校の統廃合で、ほとんど利用されなくなった横断歩道橋があり、橋脚等によって歩道の一部が狭く
  なっているので、歩道橋を撤去してほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地確認の上、道路管理者に対応を依頼した結果、歩道橋が撤去され、歩道が広く
  なりました。また、国道を横断する歩行者のために、新たに歩行者用信号機や横断歩道が設置されました。

○○○

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 歩きやすい歩道橋にしてほしい

○○○
   小学校北側の歩道橋の踊り場及び下側部分の排水が悪く、雨天時には通学時の子どもたちが困っている
  ので対策を講じてほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、管理者に対応を依頼した結果、雨水が
  溜まりにくくする対策が取られ、子どもたちが快適に通学できるようになりました。


○○○

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 坂道に転落防止柵を設置してほしい

○○○
   町道の一部に坂道になっている場所があるが、その坂が急なため、落ちると大事故につながりかねない。
  事故が起きる前に対策を講じてほしい。


○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、町役場の担当者に対応を依頼した結果、
  町道の端に転落防止柵が設置され、通行の安全が確保されました。


○○○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 注意喚起をしてほしい

○○○
   道路端に犬の糞が多くなったので、対策を講じてほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、町環境課で注意喚起の看板を受取り、
  2か所に設置した結果、犬の飼い主に対して注意喚起が行われました。


○○○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 郵便ポストを利用しやすくしてほしい

○○○
   国道沿いに設置されている郵便ポストの周辺に雑草が繁茂しているため、郵便物を投函しようと思っても
  利用しづらい状態で、景観も非常に悪い。郵便ポストが利用しやすいよう、きれいに雑草を刈り取ってほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、郵便局の担当者に対応を依頼した
  結果、きれいに雑草が刈り取られ、郵便ポストが利用しやすくなりました。


○○○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 郵便ポストの収集時刻を表記してほしい

○○○
   特定郵便局に設置されている郵便ポストの収集時刻の表示が読みづらいので、改善してほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、郵便局の担当者に対応を依頼した
  結果、見やすい収集時刻表が取り付けられました。


○○○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 歩道の安全対策を講じてほしい

○○○
   郵便局の前を通っている県道について、歩道の幅が狭く、一部が傾斜しているうえ、歩道の脇には水路
  があり、通行に危険な状態となっている。安全に通行できるよう対策を講じてほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、道路管理者である県に対応を依頼した
  結果、注意喚起の反射ポールが設置され、通行の安全性が向上しました。


○○○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 標識の管理を適切にしてほしい

○○○
   市道に設置された標識が取れているので、適切に管理してほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、管理者に対応を依頼した結果、
  看板が設置され、注意喚起が行われました。

○○○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 道路を修繕してほしい

○○○
   市道上に設置されているマンホールの周辺は幾度の舗装を重ねたため、陥没している。通行等に危険で
  あるので修繕してほしい。

○○○
○○○
   行政相談委員が現地を確認したところ、相談のとおりであったため、道路管理者に対応を依頼した結果、
  改修が行われ陥没部分がなくなり、安全に通行できるようになりました。

○○○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

相談事例(局取扱事例)

● 交差点での逆走防止対策を講じてほしい

○○○
   国道の側道から交差点に進入しようとしたところ、交差点の左方面から逆走してきた車と衝突しそう
  になった。交差点付近を確認したところ、県道から国道に右折する場所が分かりづらくなっていた。
   逆走による衝突事故は大事故につながりかねないので、早急に交差点付近の事故防止対策を実施
  してほしい。

○○○
○○○
   当局が現地を確認したところ、相談内容どおりの状況がみられたので、地方整備局に対応を求めた
  結果、関係機関との協議が行われ、約1か月後に、交差点付近に誤進入防止の注意喚起看板が設置
  されるとともに、右折レーン路面標示のカラー化及び右折矢印の位置変更が行われました。


○○○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
● 気象台ホームページの天気予報発表時間を訂正してほしい

○○○
   天気予報電話サービス(177)では、朝の時間帯は今日と明日の天気予報のみの案内となっているが、
  地方気象台のホームページを見ると、朝の時間帯でも明後日の天気予報を発表することとなっている。
   明後日の天気予報の発表間隔を正しく周知してほしい。

○○○
○○○
   当局が地方気象台に照会した結果、177天気予報電話サービスは、地方気象台が発表した天気予報を
  案内しているが、5時発表時には「明後日の天気予報」を実施しておらず、地方気象台のホームページの
  記載が間違っていることが判明しました。
   当局が地方気象台に対応を求めた結果、地方気象台のホームページの記載が正しく見直されることと
  なりました。

○○○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 

ページトップへ戻る