行政相談の仕組み

 総務省の行政相談は、国の行政機関や特殊法人・独立行政法人の業務のほか、地方公共団体が国から委託を受けて行う業務及び補助を受けて行う業務について、皆様から苦情や要望をお聴きし、公正・中立の立場から関係行政機関等にあっせんを行い、その解決等を図るものです。

  • 苦情がある、困っていることがある
  • 行政機関に苦情を申し出たが、説明や措置に納得がいかない
  • 制度や仕組みについて、どこに相談したらよいかわからない

 このようなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 政府インターネットテレビによる行政相談PR番組はこちら。 (音声が出ますので、音量にご注意ください。)

行政相談の特色

●いろいろな行政分野の幅広い苦情に対処

 どこに相談してよいか分からない問題や、複数の機関が関係し、連絡や調整が必要な問題についても適切に対処できます。

●難しい手続なしで迅速な解決を促進

 相談の内容がどの地域の問題でも、また、相談者がどこにお住まいでも、お近くの管区行政評価局・行政評価事務所等及び全国の市区町村に配置されている行政相談委員が受け付け、総務省が全国に整備したネットワークを活用し、迅速に解決を図ることが可能となっています。

●行政の制度・運営の改善

 行政の制度及び運営に関する問題を、民間有識者で構成される行政苦情救済推進会議に付議し、国民的立場に立った改善を促進します。また、同種・類似の苦情の発生が予想される問題については、行政評価局調査機能を活用して、苦情の原因となっている行政の制度・運営の改善を促進します。

相談の受付

 行政相談委員法に基づき総務大臣から委嘱された行政相談委員が、全国の市町村に約5,000名配置されており、皆様の身近な相談相手として、相談を受け付けています。(詳細はこちら)


 また、最寄りの局所への来所、電話、FAX、インターネット、郵便などで相談を受け付けております。

  • ◆電話 行政苦情110番(全国共通番号)
      0570-090110 平日8時30分〜17時15分
  • 1.この電話番号は、お近くの管区行政評価局又は行政評価事務所につながります。ご相談の内容によっては、お住まいの都府県の管区行政評価局又は行政評価事務所におかけ直しいただくことがありますので、ご了承ください。
    2.一部のIP電話では、利用できない場合があります。その場合は、以下の番号におかけください。
    3.NTTコミュニケーションズが定める通話料がかかります。電話会社の通話料割引サービスや、携帯電話の料金定額プランの無料通話は適用されませんのでご注意ください。
    4.ご相談のお電話は、相談内容の正確な把握のため、録音させていただいております。
    5.平日の夜間及び土日祝日は、留守番電話で対応させていただいております。

  • ◆来所・郵便 〒010-0951 秋田市山王7-1-3 秋田合同庁舎4階
    • ※来所による受付日時は、平日8時30分〜17時15分です。
  • ◆インターネット ※こちらから
  • ◆電話 018-823-1100(全国共通番号がご利用できない場合)
  • ◆FAX 018-824-1427

  • ページトップへ戻る