行政評価局調査とは

[行政評価・監視]

 東北管区行政評価局では、国民に信頼される公正、透明、簡素、効率的で質の高い行政の実現を図るため、政策評価及び行政評価・監視に取り組んでいます。

 行政運営の改善・適正化を図るために、主に合規性、適正性、効率性等の観点から、行政機関の業務の実施状況の評価・監視を実施します。

●全国計画調査

 本省行政評価局が計画を策定し、全国の管区行政評価局を活用して、全国的な調査を行い、その結果に基づき改善策を取りまとめ、関係府省に勧告等を行います。
 勧告の実効性を確保するため、勧告に基づき行政機関が講じた措置について報告を求めるほか、必要に応じ、勧告事項を推進するためのフォローアップ調査を実施します。

●地域計画調査

 管区行政評価局が独自に、その所在する地域の住民生活に密着した行政上の問題を取り上げ、調査を実施し、必要な改善を図ります。

[政策評価]

 総務省は、政策評価制度に関する企画立案など制度の管理・推進の業務と、評価専担組織としての政策評価の実施という二つの役割を担っています。
 評価専担組織としての政策評価は、それぞれの政策の必要性、効率性、有効性などの観点から行うもので、全国調査網である管区行政評価局を活用して対象政策がどのような効果を挙げているかについて実地調査を行います。
 調査結果は、関係する行政機関の長に通知・勧告するとともに、公表されます。

インターネットによる相談、問い合わせ、意見・要望等の受付はこちらから

ページトップへ戻る

岩手行政監視行政相談センター
サイドナビここから
サイドナビここまで