総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > マイナンバー制度とマイナンバーカード > ICチップ空き領域に搭載するカードアプリ(民間事業者向け)

ICチップ空き領域に搭載するカードアプリ(民間事業者向け)

ICチップの空き領域(カードアプリ)の利活用をお考えの民間事業者の方へのご紹介です。

目次

カードアプリとは?

 マイナンバーカードのICチップ内には空き領域が存在し、その空き領域にカードアプリケーション(AP)を搭載することにより、利用者に様々なサービスを提供することができます。
 独自のAPを開発することも可能ですが、3種類の標準カードAPを地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が無償で提供しています。無償提供している標準カードAPの特徴は以下のとおりです。

標準カードAPの特徴

民間事業者におけるカードアプリの活用について

 個人番号法の制定等により、民間事業者においてもマイナンバーカードにカードアプリを搭載し、様々なサービスを提供できることとなりました。サービスの活用イメージや導入スケジュール等につきましては、次の資料をご覧ください。

 また、マイナンバーカードにカードアプリを搭載するために必要な手続き等につきましては、次の資料をご覧ください。

リンク

ページトップへ戻る