総務省トップ > 政策 > 行政組織・行政運営 > 国の行政組織について

国の行政組織について

機構・定員の管理

 厳しい財政事情の中にあっては、行政が取り組むべき緊要な諸課題に的確に対応していくために、経済社会情勢の変化に対応した「簡素で効率的な政府」を実現することが重要です。
 このため、行政機構・定員については、膨脹を抑制しつつ、行政需要の変化に対応した効率的な業務処理体制を確保することが必要です。
 行政管理局では、累次にわたる定員合理化計画の実施や機構・定員の審査を通じ、簡素で効率的な行政組織づくり、定員配置の適正化を図っています。
 国の行政機関の定員については、定員合理化計画を着実に実施するとともに、増員を厳しく限定する「厳格な定員管理」を行っています。

独立行政法人の見直し

 独立行政法人は、政策の企画立案機能と実施機能を分離し、実施部門の効率性や質の向上等を図るため、国とは別の法人格を有する法人として設立されるものです。
 行政管理局では、独立行政法人の新設・改廃等の際に審査を行い、法人の業務運営の適正化を図っています。また、独立行政法人に関する共通的な制度の企画・立案を担っています。

ページトップへ戻る