総務省トップ > 政策 > 国の行政制度・運営 > 独立行政法人制度について

独立行政法人制度について

独立行政法人の見直し

 独立行政法人は、政策の企画立案機能と実施機能を分離し、実施部門の効率性や質の向上等を図るため、国とは別の法人格を有する法人として設立されるものです。
 行政管理局では、独立行政法人の新設・改廃等の審査、独立行政法人評価を通じて、法人の業務運営の適正化を図っています。また、独立行政法人に関する共通的な制度の企画・立案を担っています。

ページトップへ戻る

独立行政法人制度等
サイドナビここから
サイドナビここまで