国際交流の推進

オンブズマン制度と行政相談制度

 オンブズマン制度は、19世紀初めにスウェーデンにおいて初めて設置された制度で、高い識見と権威を備えた第三者(オンブズマン)が、国民の行政に対する苦情を受け付け、中立的な立場からその原因を究明し、是正措置を勧告することにより、簡易迅速に問題を解決するものです。第2次世界大戦後、ヨーロッパを始め世界各国に設立され、行政苦情救済の仕組みとして、広く普及しています。

 日本においては、総務省の行政相談制度がオンブズマンの機能を担う制度の一つとして挙げられます。行政相談制度は、我が国の政治的、社会的風土の中で発展してきた独自の行政苦情救済制度であり、総務省行政評価局、行政相談委員及び苦情救済推進会議の三者が一体となてオンブズマンの機能を果たしているとして、国際的なオンブズマンの団体である国際オンブズマン協会(IOI)別ウィンドウで開きますアジア・オンブズマン協会(AOA)別ウィンドウで開きますから評価されています。

行政相談と国際交流

 行政評価局は、1992年10月にオーストリアで開催された第5回国際オンブズマン協会世界会議にオブザーバーとして参加したことを契機に、1994年には、国際オンブズマン協会(IOI)の正会員として入会が認められ、1996年には、アジア・オンブズマン協会(AOA)の創設に関わりました。これらのオンブズマン協会の開催する会議への参加、日本におけるオンブズマンの国際会議の開催、さらに二国間の協力の覚書に基づくより深い国際協力を通じ、世界各国のオンブズマンとの連携・協力を促進すると共に、ユニークなオンブズマン制度である行政相談制度を海外に発信しています。

ページトップへ戻る