総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 地域力の創造・地方の再生 > 過疎対策 > 全国過疎問題シンポジウム > 「全国過疎問題シンポジウム2010inとうきょう」の開催について

「全国過疎問題シンポジウム2010inとうきょう」の開催について

ご案内

平成22年10月22日
総務省

「全国過疎問題シンポジウム2010inとうきょう」を下記のとおり開催しますので お知らせします。

1.趣旨

 過疎地域では、住民生活の安全・安心の基盤となる公共施設の整備水準などについて全国との差がなお存在しているほか、財政状況は厳しく、著しい人口減少と高齢化の進展、農林水産業の衰退、将来の維持が危ぶまれる集落の発生、身近な生活交通の不足、地域医療の危機などの様々な問題に直面しています。
 一方で、過疎地域は、安全・安心な食料や水、エネルギーの供給、国土の保全、災害の防止、地球温暖化の防止など、過疎地域の住民福祉の向上のためのみならず、国民全体の安全・安心な生活を支える重要な公益的機能を有しています。
 過疎地域が有するこれらの公益的機能について国民全体が適切に認識し、積極的に評価した上で、過疎問題の解決を国民全体の課題と捉え、過疎地域の住民のいのちと暮らしを守る実効性ある対策を講じていくことが求められています。
 こうした中、本年4月より過疎地域自立促進特別措置法が拡充延長され、これまでの過疎対策に加え、ソフト事業での実効性ある新たな過疎対策を推進することとされています。これらの点を踏まえたうえで、行政関係者をはじめ、広く住民や地域づくりの関係者等を交え、幅広く議論を深めるとともに、都市と過疎地域の共生・互恵関係の深化、過疎地域に係る都市住民の理解の向上等に向けて、「全国過疎問題シンポジウム2010inとうきょう」を開催いたします。

2.日時

平成22年11月18日(木)

3.場所

全体会:千代田区 九段会館大ホール
交流会:千代田区 九段会館3階 真珠の間

4.メインテーマ

「過疎 新時代」
〜都市と過疎地域の新たなパートナーシップの構築〜

5.主催

総務省、全国過疎問題シンポジウム実行委員会
   (東京都、全国過疎地域自立促進連盟、東京都過疎地域対策協議会)

6.後援

農林水産省、国土交通省、全国知事会、全国都道府県議会議長会、全国市長会、全国市議会議長会、全国町村会、全国町村議会議長会、他

7.参加者

行政関係者、地域づくり関係者等延べ700人

8.参加費

無料(交流会は別途参加費が必要)

*詳細については、別途パンフレットPDFをご覧下さい。

自治行政局過疎対策室:山中、福島、中津留
電話(代表):03−5253−5111(内線23134)
電話(直通):03−5253−5536
FAX:03−5253−5537
過疎対策室URL:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/2001/kaso/kasomain0.htm

ページトップへ戻る