総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 地方税制度 > 平成22年10月1日実施のたばこ税の手持品課税について

平成22年10月1日実施のたばこ税の手持品課税について

 この度のたばこ税法及び地方税法の改正により、平成22年10月1日から、国たばこ税、道府県たばこ税及び市町村たばこ税(以下、これらを総称して「たばこ税等」といいます。)の税率が引き上げられることとなりました。(注1)
 これに伴い、平成22年10月1日(金)午前零時現在において、販売用の製造たばこを2万本以上所持するたばこ販売業者の方に対しまして、たばこ税等の「手持品課税」が行われます。
 対象となるたばこ販売業者の皆様におかれましては、平成22年11月1日(月)までに「たばこ税等の手持品課税申告書」を所轄の税務署長等に提出していただき、平成23年3月31日(木)までに納税していただくこととなっています。(注2)
 詳しい内容については、以下の概要等をご覧ください。

(注1) たばこ1本当たり3.5円(国たばこ税1.75円、道府県たばこ税0.43円、市町村たばこ税1.32円)引き上げられます。
(注2) 申告書を提出してから納期限までに約5か月間ありますので、納期限をお忘れにならないようご注意下さい。

たばこ税の手持品課税の概要等はこちらから

ページトップへ戻る