自治体をさがす

松戸市/まつどし

※このページに掲載の情報は、2015年5月14日現在のものです。

松戸市 ふるさと納税まつど応援寄附

市民の皆様や松戸市に関わりのある方、松戸市を応援してくださる方からの温かいご理解のもと、松戸市では、ご寄附のあった金銭、物品、土地等を本市の市政発展のために役立てています。
「いきいきとした市民の舞台、ここちよい地域の舞台、風格のある都市の舞台のあるまち・まつど」3つの舞台に薫る自然や文化・芸術などの豊かさの中で、賑わいや和みを享受し、互いを尊重しながら「元気な松戸」「魅力的なふるさと松戸」づくりを進めてまいります。
皆様のご寄附、ご支援をお待ちしております。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

子育て、教育、文化を軸とした都市ブランドづくり

松戸市では、子どもを含めた若い世代や子育て世代が、結婚や出産後も夢と希望を持って、引き続き松戸市で暮らしたいと思える環境整備を進めていくことが必要なことだと考えています。
妊娠から18歳までの子どもの健やかな育ちと子育てを、市民全体で支援する環境を整備し、子ども・子育て支援の取組みを一層促進するためには、子どもを産み育てながら、安心して仕事を続けられるようにする必要があることから、特に、保育所の待機児童解消対策は最優先の課題であると考えています。
待機児童ゼロを目指す総合的な政策として、新たな民間保育園建設費の一部の助成や小規模保育事業所の整備、幼稚園の預かり保育に対する補助、さらに、認可保育所などに入所できずに、千葉県の認可外保育施設指導監督基準を満たす、認可外保育施設を利用している利用者と、その受入れ施設に対する支援などを実施します。
また、教育施策については、学校教育はもとより生涯学習や地域づくりにつながる教育など、幅広い視点での教育行政について教育委員会との連携を強化し、総合的に推進していくことが必要であると考えています。
児童生徒などの安全性の確保、震災時の収容避難所などの拠点として重要な役割を担う学校施設について、小学校及び中学校並びに市立高校の校舎耐震改修工事、小学校及び中学校の冷房化の実施に向けた取り組みを進めます。
文化芸術の視点からまちを活性化する「文化の香りのする街・まつど」の取り組みについて、「松戸市文化芸術振興基本方針」に基づき、社会教育や学校教育の文化活動を推進するとともに、文化芸術・国際交流・観光が一体となった事業展開に向けて、地域の活性化に資するコンテンツ開発や拠点づくりに取り組んでまいります。
平成27年3月に、戸定邸庭園が千葉県内では2番目となる国の名勝に指定されました。重要文化財の建物と合わせ、さらに市民の皆さまにとってかけがえのない宝となります。その中で、次代を担う人材の育成や国内外の人材のネットワークを広げ、創造的な活動に開かれた街・松戸を広く発信していきます。
また近隣には、千葉大学園芸学部の近代庭園や矢切の渡しなどの文化資源もあり、さらに文化拠点としての価値が高まるものと考えています。

人と人とのつながりを大切にするまちづくり

高齢化の進展により、介護を必要とする人や生活習慣病になる人が増加しています。市民一人ひとりが健康に関心を持ち、市民自ら地域の仲間と自立した生活を送ることができるようにする環境を整備し、自立期間・健康寿命の延伸や健康格差の縮小を図ります。
高齢者の皆さまが住み慣れた地域で健やかに安心して生活が継続できるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援が一体的に提供できる地域包括ケアシステムの構築をめざし、地域づくりを推進します。
そのためにも高齢者が活躍できる場を創出し、就労や社会参加による生活意欲の向上や自立期間が延伸できるよう予防を推進します。
このような取り組みを進めることで、介護保険制度の維持や医療費の適正化にもつなげてまいります。

元気なまちづくり

市内経済の活性化につきましては、「松戸市商工業等振興基本方針」に基づき、中小企業に対して、利子補給金の交付や合同企業説明会の開催など資金面や人材面への支援を行うとともに、空きテナントへの入居を促進するなどの支援を行うことで、街の賑わいを再生します。
また、専門職である産業振興アドバイザーを活用した企業誘致の取り組みにつきましても引き続き進め、雇用の増加と税収面の向上にもつなげてまいります。

基本情報
所在地 〒271-8588 千葉県松戸市根本387-5
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ