自治体をさがす

習志野市/ならしのし

※このページに掲載の情報は、2015年4月20日現在のものです。

習志野市 ふるさと納税習志野市まちづくり応援寄附金

習志野市を応援しようとする方から広く寄附金を募り、これを財源として寄附者の意向を反映した政策を実施するために、「習志野市まちづくり応援寄附条例」を制定しました。寄附により習志野市を応援しようと思われる方の寄附をお待ちしております。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

習志野市社会福祉基金

総合福祉センター再整備事業
老朽化が著しい総合福祉センターの将来を見据えて、大規模改修又は民間活力導入を図った建て替え等の方針を策定します。

障がい者自立生活支援事業
・障がい者福祉タクシー料金助成 
重度心身障害者等の社会参加促進のため、福祉タクシー券を交付し、福祉タクシー運賃の一部を助成します。
・重度心身障害者医療費等助成(精神障がい者分)
精神障害者保健福祉手帳1級を所持している者が治療に要した医療費等の一部を本人又はその保護者に助成金として支給し、経済的負担の軽減を図ります。
・障がい者通所交通費助成
障がい者が福祉施設等に通所するために要した交通費の1/2(精神障がい者は3/4)を障がい者に対し助成金として支給します。(上限5,000円)
・身体障がい者福祉電話使用料助成
外出困難な身体障がい者又は聴覚障がい者のコミュニケーション支援、緊急時における連絡手段を確保するために、機器の使用料等を助成します。

緑のふるさと基金

緑のふるさと事業
緑豊かな街づくりの推進のために制定した「緑のふるさと基金」の啓発活動として、花の種子の配布や草花の植栽を行います。

ハミングロード再整備事業
市のシンボルであるハミングロードを魅力ある緑道としての再生を目的として、ハミングロード再生実施プランに基づき、各種の修繕や工事を住民要望に沿った形で実現します。

緑地・緑道・街路樹整備事業
・安全性、快適性及び緑豊かなまちなみ景観を確保するため、樹木の補植や植替えを行います。
・良好で安全な生活環境を確保するため、緑道灯の照度を増量します。
・安全性を確保するため、劣化した舗装面・橋面・緑道灯を維持修繕します。

谷津干潟保全事業
ラムサール条約登録湿地である谷津干潟の環境を保全します。
・環境省が実施する谷津干潟の保全に関する取組に協力します。
・アオサの腐敗臭対策について引き続き環境省へ要請していきます。
・湿地交流に向け協議中である津田沼高校を中心とした群馬県片品村との湿地交流を市民レベルで実現するため、調整等を行います。
・5月に訪れるオーストラリア・ブリズベン市と湿地に関する情報交換等により交流を図るとともに、両市による基本計画の更新を行います。
・湿地等に関する情報交換を行うため、ラムサール条約登録湿地関係市町村会議に参加します。

習志野市すこやか子育て基金

保育所整備事業
老朽化等に伴う保育所の補修整備を実施し、入所児童の保育環境(機能・衛生・安全・防犯等)の確保を図ります。

幼稚園施設管理事業
幼稚園園舎等の保有施設について補修整備を行い、園児の教育環境(機能・衛生・安全・防犯等)の確保を図ります。

ブックスタート事業
乳幼児期の早い時期から、言葉と心を育むために、絵本との出会いの機会をつくり、親子のコミュニケーションを深めるとともに、親子のふれあいを支援します。

習志野市公共施設等再生整備基金

新庁舎建設工事費
新庁舎建設関連事業費
老朽、狭隘、分散、耐震、バリアフリー未対応などの課題を抱える市庁舎の課題を解決するべく、建設費用や維持管理費を縮減した上で長寿命化を図ることができる手法により新庁舎等を建設します。

芝園清掃工場老朽化対策事業
清掃工場の安定的な稼働を行うため、老朽化した設備及び機能低下した機器の回復を図ります。

習志野市まちづくり応援基金

上記のほか、まちづくりを推進する事業

防災資機材等整備事業
防災倉庫1か所の新設及び既存防災倉庫の資機材の補充・更新等を行います。

高等学校耐震化事業
習志野高等学校特別教室棟の耐震補強工事を行います。

基本情報
所在地 〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼1丁目1番1号
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ