自治体をさがす

山武市/さんむし

※このページに掲載の情報は、2015年5月11日現在のものです。

山武市 ふるさと納税ふるさとさんむ応援寄附金

「ともに手を携えて誇りをもてるまちづくり」
山武市は、砂浜と松林が連なる九十九里海岸地帯と田園地帯を形成する広大な沖積平野及び山武杉の美林が連なる丘陵地帯で構成されており、稲作はもちろん野菜や果実の生産も盛んで、本市を代表する山武杉を活用した林産物、九十九里浜の海の幸と自然の恵み豊かな地域であるとともに、海水浴やゴルフ、テニスなどのスポーツも楽しめ、若者にも魅力ある地域資源を有しています。このすばらしい自然を後世に大切に伝えていくとともに、訪れる人々が癒され、市民が元気に生活するまち、市民一人ひとりが誇りを持てるまちづくりに取り組んでいます。
すべての市民が健康で笑顔あふれるように、未来に多くの夢を引き継げるような山武市を創造していきましょう。
「ふるさとさんむ」に貢献したい、「ふるさとさんむ」を応援したいという思いを、寄附を通じて応援していただきますようお願いします。
皆さまからのご寄附をお待ちしています。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

環境保護に関する事業

自然環境を保全するだけでなく、環境負荷への低減に向けて市民、行政、事業所が一体となって取り組むことで、自然と共存する持続可能な地域づくりを目指し、市の財産である恵まれた自然を次世代へ引き継いでいきます。
・国指定天然記念物「成東・東金食虫植物群落」保護管理事業
日本で最初(大正9年)に天然記念物に指定された群落には、モウセンゴケなど8種の食虫植物や世界中でこの群落だけに生育が確認されたタヌキモ科イヌタヌキモ(絶滅後再生)のほか、絶滅危惧種に指定されている貴重な植物が数多く生育しています。現在、指定されている面積は約32,000平方メートルです。
近年は環境変化の影響を受け保護に苦慮していますが、この群落を守ることが本市の環境保護のバロメーターであると捉え、市民による保護活動を進めるために活用します。

・森林整備促進事業
温室効果ガスの削減とふるさとの美しい自然を次世代へ引き継ぐため、荒廃が進む市内のサンブスギ林等の森林を再生させるために活用します。

・バイオマス利活用推進事業
市内に賦存するバイオマス資源(ペレットストーブの普及、Bdf(バイオディーゼル燃料)の普及など)の利活用を推進し、温室効果ガスの削減に対する市民の意識向上を図ることにより、バイオマスタウン山武市を構築するために活用します。

地域教育力の向上に関する事業

学校、家庭、地域が相互に連携・協働した教育活動により、社会でたくましく生きる子どもたちが育つような地域づくりを目指します。

・青年海外派遣事業
市内の子どもたちが、海外の自然、文化及び社会情勢、福祉活動等の異文化に接する機会や地域の人々と交流する機会を設け、広い視野と国際感覚豊かな子どもたちを育成するために活用します。

・子どもの安心安全対策事業
子どもたちが安心して学校へ通学し、元気に学校生活を送ることができるよう、巡回・登下校などの見回り活動やあいさつ・声かけ運動、また、子どもを狙った事件を抑止するための防犯装置の設置等に活用します。

・ダンスによる交流推進事業
子どもたちがダンスを通して様々な世代の人たちと交流する場を設け、自己表現能力や協調性等の向上を図るとともに、地域の賑わいや活力ある地域づくりを推進するために活用します。

地域医療に関する事業

保健・福祉・医療が効率的に機能するよう、全体を捉えたなかでの地域医療体制づくりに取り組みます。

・地方独立行政法人さんむ医療センター運営費助成事業
山武市の医療を支える地方独立行政法人さんむ医療センターの運営費として活用します。

基本情報
所在地 〒289-1392 千葉県山武市殿台296番地
公式サイト
お問い合わせ
  • 部署名総務部企画政策課政策・シティセールス推進室
  • 電話番号0475-80-1132
  • ファックス番号0475-82-2107
  • メールメールでのお問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ