自治体をさがす

大野城市/おおのじょうし

※このページに掲載の情報は、2015年4月24日現在のものです。

大野城市 ふるさと納税

地域のまちづくりに参加したいけれども時間がないなどで参加できない人、遠方から「ふるさと大野城市」を応援しようという人に、具体的な使途を指定した寄付でまちづくりへの参加や市を応援できる制度があります。
寄付できる金額に制限はありません。「ともに創るまちづくり」に、皆さんからの多くの支援をお待ちしています。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

大野城市奨学資金等基金への寄付

大野城市では、就学の意欲がありながら経済的理由で就学できない学生に奨学金を給付する制度があります。
これは、篤志家からの寄付で設立した基金を運用し資金としていましたが、最近の低金利により基金が年々減少しています。
今後も意欲ある学生の就学希望がかなうよう、基金への積立金を寄付していただくものです。
※奨学金の詳しい内容は、市奨学資金制度のページに掲載しています。

保育所(園)への本の寄贈

未来を担う子どもたちの知育に重要な時期である幼児期に、有効な教材となる本や紙芝居などの図書類を購入する費用を寄付していただくものです。
絵本1冊1,000円程度です。

花いっぱい運動 花苗購入

市内を心やすらぐ緑あふれたまちにする花いっぱい運動を行っています。
春には、サルビアやマリーゴールド、秋にはパンジーやデージーなど、年間約12万本の花を市内各所に植えています。
これらの花の苗の購入費を寄付していただくものです。
花の苗は1本70円程度です。寄付により、さらに多くの花を咲かせることができます。

公共施設へのAEDの配置

平成19年に市立の保育所、小・中学校や大勢の人が集まる市の施設にAEDを配備しました。
AEDは、 いざという時に身近にあることが理想です。救命率を向上させるため、寄付していただくものです。
AEDは1台30万円程度ですが、寄付はその一部で構いません。
※AEDとは、心室細動という心臓の痙攣を電気ショックにより取り除く機械です。

南コミュニティ地区高齢者移動支援事業への寄附

坂道が多い南コミュニティ地区では、高齢者が外出することが大変なため、ワゴン車で日常生活に必要なスーパーや病院、郵便局などを無料で巡回する事業を行っています。
南コミュニティ地区で負担する運営は、年間160万円程度が必要です。
この事業の運営費を寄付していただくものです。
※南コミュニティ地区とは、牛頸区、若草区、平野台区、月の浦区、南ヶ丘1区、南ヶ丘2区、つつじヶ丘区の7区です。

ふるさと納税(寄附金)を使用して、
これまでに行った事業を紹介しています。

福祉施設への車椅子の寄贈

施設の中や散歩の時など、高齢者や障がい者が使用する車椅子はまだ不足しています。
そのため1台でも多くの車いすを福祉施設に配置できるように車いすを購入する費用を寄付していただくものです。
車いすは1台6万円程度ですが、寄付はその一部で構いません。

基本情報
所在地 〒816-8510 福岡県大野城市曙町二丁目2-1
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ