自治体をさがす

笠松町(羽島郡)/かさまつちょう

※このページに掲載の情報は、2015年4月17日現在のものです。

笠松町(羽島郡) ふるさと納税かさまつ応援寄附金

個人住民税の優遇措置を大幅に拡充して寄附を行いやすくする「ふるさと納税制度」が平成20年度より開始され、笠松町では「ふるさと笠松に貢献したい」「笠松出身ではないけれど、笠松を応援したい」こうした熱い思いに応えるため、かさまつ応援基金条例を創設しました。
この条例に基づき、みなさまからいただいた寄附金を教育や文化保存、福祉、まちづくりの分野で大切に使わせていただきます。
みなさまからの温かいご寄附をお待ちしております。

ふるさと納税(寄附金)を使用して、
これまでに行った事業を紹介しています。

「笠松町公共施設巡回町民バス」の購入

平成26年6月に笠松町のマスコットキャラクターの「かさまるくん」「かさまるちゃん」を車体に描いた「笠松町公共施設巡回町民バス」を2台購入しました。
「笠松町公共施設巡回町民バス」は、平成5年から試行運行を始め、平成24年には利用者が150万人を超え、現在では町民の方だけでなく、笠松町を訪れる皆様の貴重な交通手段として定着しております。
ここ笠松町は、かつて木曽川筋最大の重要な湊町として、また、岐阜と名古屋を結ぶ街道沿いの街として栄えた歴史を持つ、交通の要衝でありました。現在では、鉄道や道路網の整備などで、川を行き来する舟運の影はなくなりましたが、当時を思い起こさせる街並みが、今でも残る閑静な住宅街が広がっています。このような住宅街に暮らす町民の大切な交通手段となるよう、そして、今後も多くの方に利用していただきたい想いから、「笠松町公共施設巡回町民バス」の購入に寄附金を使用させていただきました。

基本情報
所在地 〒501-6181 岐阜県羽島郡笠松町司町1番地
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ