自治体をさがす

みなかみ町(利根郡)/みなかみまち

※このページに掲載の情報は、2015年4月24日現在のものです。

みなかみ町(利根郡) ふるさと納税みなかみ・水・「環境力」寄附金

みなかみ町は、峻嶺谷川岳をはじめとする上越国境の山々に抱かれ、その雄大な自然から生命の水と豊富な温泉が滾々と湧き出る「利根川源流の町」であります。
この恵まれた自然の地は、首都圏の利根川流域住民3,000万人の水瓶としての役割を担っております。
私達は、このふるさとの地を活かし、水源に住む人と都市に住む人との協働により環境問題に取り組んでいきたいと思います。
ご厚意による寄附金は、環境からの視点でまちづくりを考えることにより、皆様と共に、みなかみのふるさとづくりの活動を推進していきたいと思います。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

電気バスの運行

本町には新潟県との県境に位置する谷川岳には切り立つ岩壁と夏でも消えずに残る残雪を見ることができる日本三大岩壁の一つ、一ノ倉沢があります。
この一ノ倉沢までの全長3km(国道291号線)の区間は一般車両は走行しないため、自然林に囲まれた道を徒歩(片道1時間弱)でゆっくりと散策することができます。
平成26年度より、寄附金を活用させていただき、上記の区間において、歩行が困難な方や小さなお子様連れの方のため、乗り合いバス(電気バス)を運行しています。この乗り合いバスは屋根はあるものの窓ガラスなどは無く、とても開放的で、バスに乗りながらでも自然とふれあう素晴らしさを味わうことができます。

基本情報
所在地 〒379-1393 群馬県利根郡みなかみ町後閑318
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ