自治体をさがす

取手市/とりでし

※このページに掲載の情報は、2015年4月23日現在のものです。

取手市 ふるさと納税ふるさと取手応援寄附金

ふるさと取手応援寄附金は平成20年10月に開始以来、多くの方々よりあたたかい御心遣いをいただき、これまで取手市の様々な事業に活用させていただいております。寄附金は、寄附をしていただく際に(1)未来を担う子どもたちを応援する事業、(2)地域で支えあう健康・福祉のための事業、(3)身近な自然環境を保全する事業、(4)安心・安全で住みやすいまちづくりのための事業、(5)歴史・文化・芸術活動を振興するための事業、(6)産業の振興及び地域の活性化を図るための事業、(7)(1)から(6)以外で市長が必要と認める事業、というメニューから寄附の使い道を選んでいただけます。
寄附していただいた皆様の想いが取手市政に反映出来る制度となっておりますので、取手市へのあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

未来を担う子供たちを応援する事業

学校や保育所等、子供たちに関する事業に活用していきます。
平成27年度は公立保育所の保育環境を充実させるため、テーブル等の備品を購入します。

地域で支え合う健康・福祉のまちづくりのための事業

健康や福祉に係る事業に活用していきます。
平成27年度は取手市の市民交流支援・健康づくり支援・子育て支援施策を展開する中核的施設(取手ウェルネスプラザ及び取手ウェルネスパーク)について、施設の充実のためトレーニングチェア等の備品を購入します。

安心・安全で住みやすいまちづくりのための事業

防犯や防災等に係る事業に活用していきます。

歴史・文化・芸術活動を振興するための事業

歴史・文化・芸術活動の振興等に係る事業に活用していきます。

産業の振興及び地域の活性化を図るための事業

産業の振興や地域の活性化等に係る事業に活用していきます。

ふるさと納税(寄附金)を使用して、
これまでに行った事業を紹介しています。

未来を担う子供たちを応援する事業

子供関連施設の充実のため、公立保育所には3歳未満児のプールや散歩兼避難車等を購入し、市役所の授乳室にはおむつ交換台や授乳室用テーブル、ソファ等を購入しました。また、学校と地域の方々の交流の場として開放する永山小のコミュニティスペースには、テーブル、イス、ホワイトボード、座卓などを購入しました。

地域で支え合う健康・福祉のまちづくりのための事業

健康関連の教室や講座で使用する備品として、フォローアップ教室に使用するフロアマットや収納キャリー、食育指導用の教材で使用する調理器具やインカムスピーカー等、健康運動教室で使用する体脂肪計や自動血圧計、シニア体力測定キット等を購入しました。また運動施設の緑地運動公園テニスコートには、ネット及び防球ネットを購入しました。
福祉については、こども発達センターの充実のため、通所する子ども達の訓練器具やテーブル、イス、ホワイトボード、シューズボックス、おさんぽ車等を購入しました。

安心・安全で住みやすいまちづくりのための事業

テロ災害や大規模地震災害をはじめとした様々な特殊災害等に備えるため、緊急消防援助隊の備品として、灯光器、発電機、無線機、エンジンカッター、チェーンソーなどを購入しました。また、水難救助用のマリンジェットを購入し、消防署に配備しました。

歴史・文化・芸術活動を振興するための事業

芸術活動振興のため、市民が芸術を身近に鑑賞でき、環境美化にもつながる壁画を取手駅西口のJR線路擁壁に制作する事業について、費用の一部に活用しました。また、福祉会館には作品展示用パネルを購入しました。

産業の振興及び地域の活性化を図るための事業

地産地消の推進による農業・産業の振興のため、JA茨城みなみ農産物直売所「夢とりで」の建設費について、費用の一部を補助しました。また、地域の公民館・図書館の施設充実のため、井野公民館には跳上式スタックテーブルを、取手図書館には閲覧用のいすを購入しました。

基本情報
所在地 〒302-8585 茨城県取手市寺田5139
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ