自治体をさがす

珠洲市/すずし

※このページに掲載の情報は、2015年5月14日現在のものです。

珠洲市 ふるさと納税

珠洲市では『美しい里山里海の自然環境の保全』と『子どもからお年寄りまでが元気に暮らせる住みよいまちづくり』を進めています。珠洲で生まれ育ち、学び、そして今は離れた地域にお住まいのみなさま、珠洲を応援していただけるみなさま。ぜひ『ふるさと納税』制度を活用して珠洲市を応援してください。みなさまからの応援を心からお待ちしております。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

美しい里山里海の自然環境の保全

本市では、温暖化対策や再生可能エネルギーの普及促進をはじめとして、世界農業遺産にも認定された美しい地域環境の保全に向けたさまざまな取組を推進してきました。その一環として、平成25年度は、電気自動車1台を新たに公用車として導入し、その購入費の一部に『ふるさと納税』を活用させていただきました。また、この環境負荷の少ない電気自動車の活用を通して、本市の取組を広く市内外にアピールすることを目的として、車体に自然との共生をイメージさせる象徴的なデザインをラッピングすることとし、そのデザインを金沢美術工芸大学に依頼しました。採用されたデザインは、豊かな里山里海に囲まれた街並みとともに、波の花や冬に飛来するコハクチョウ、山々の尾根に立つ風力発電の風車など、本市の特徴的なモチーフを取り込んだ彩り豊かなものとなっています。今後も地域の魅力である豊かな里山里海の保全や活用を通して『自然と共生する珠洲市』の構築に向けて取り組んでいきたいと考えています。

子どもからお年寄りまでが元気に暮らせる住みよいまちづくり

子どもたちにとって保育所は、日中を家族と離れて過ごし、同年代の子どもたちと交流をもつことになる最初の体験の場です。本市では、保護者が安心して子どもたちを保育所に預けることができるよう安全な施設整備を行っています。平成25年度は、建築から35年が経過し所々で建物の老朽化が見られた保育所の内外壁やフローリングの改修、空調設備や衛生器具の取替え等の大規模改修を実施しました。その事業費の一部に『ふるさと納税』を活用させていただきました。きれいになった保育室や遊戯室で子どもたちはのびのびと過ごしています。本市では、すべての子どもたちが健やかに成長できるよう今後も保育施設の充実に努めていきたいと考えています。
また、高齢(70歳以上)の方が路線バスに定期料金で乗車できる『シルバー定期券』について、本市では、高齢の方のバス利用を支援するため、平成25年4月からこの定期券を半額で購入できる助成制度を開始しました。その事業費の一部に『ふるさと納税』を活用させていただきました。今後も、高齢者福祉の増進を図るため引き続き支援を行い、安心して暮らせる住み良いまちづくりを進めていきたいと考えています。

基本情報
所在地 〒927-1295 石川県珠洲市上戸町北方1-6-2
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ