自治体をさがす

鹿児島県/かごしまけん

※このページに掲載の情報は、2015年6月19日現在のものです。

鹿児島県 ふるさと納税かごしま応援寄附金

鹿児島県では、県外にお住まいの本県出身の方々、関係の方々に対して、県と市町村とが一体となって協議会を設立し、郷土・鹿児島に対する応援寄附を募る取組みです。
皆様からいただいた寄附金は、その10分の6を市町村の施策に、10分の4を県の施策にそれぞれ大切に活用させていただくとともに、寄附金については、いわゆる「ふるさと納税制度」により寄附額や課税所得等に応じて個人住民税の軽減等を受けることができます。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

ドクターヘリ運航事業

救急医療体制の充実・強化を図るため、医師が速やかに救急現場等に出動して傷病者に対して必要な治療を行うとともに、医療機関に短時間で搬送する救急医療用ヘリコプター(ドクターヘリ)の運航を行っています。
平成23年12月に運航開始し、救命率の向上や後遺症の軽減につながっています。

奄美群島世界自然遺産登録推進事業

奄美大島及び徳之島は、貴重な固有種や希少種の生息・生育地になっていることなどが評価され、国による正式な世界自然遺産候補地となっています。県では、平成29年夏の世界自然遺産登録を目指し、国や地元市町村等と連携して、観光客の増加を想定した過剰利用の未然防止対策や遺産価値の保全と地域の社会経済活動との両立に係る調査・検討などの取組を推進しています。

かごしま低炭素社会モデル創造事業(屋久島)

世界自然遺産の島・屋久島において、ほぼ全ての電力が水力発電で賄われている地域特性に着目し、CO2の発生が実質的に抑制された先進的な地域づくり「屋久島CO2フリーの島づくり」を推進しています。
有識者で構成する研究会等の開催、電気自動車の導入促進、CO2フリーの島づくりの情報発信等を行っています。

県民総ぐるみ・鹿児島ユナイテッドFC支援事業

「鹿児島ユナイテッドFC」のJリーグ昇格に向けた県民総ぐるみによる支援を促進するため、ホーム戦における賑わいの創出や、アウェイ戦における本県のPR等の活動を支援する。

国民文化祭準備事業

南北600kmに及ぶ鹿児島県内各地で、平成27年10月31日から11月15日までの16日間、国内最大の文化の祭典である「第30回国民文化祭・かごしま2015」を開催します。43すべての市町村を舞台に、100を超える多彩な事業を展開することとしております。おもてなしの心にあふれた鹿児島ならではの県民総参加の祭典を開催し、「本物。鹿児島県」の持つ魅力を国内外に発信するため、明日の鹿児島を担う若者や関係団体の皆様と共に準備を進めてまいります!

ふるさと納税(寄附金)を使用して、
これまでに行った事業を紹介しています。

郷土教育読み物教材開発事業

現在活躍中の郷土出身者や郷土の先人の生き方などを取り上げた読み物教材を作成し、郷土教育、道徳教育、キャリア教育の推進を図る。

鹿児島盲学校移転整備事業

本県唯一の盲学校として、児童生徒が安心して快適な学校生活が送れるよう教育環境の更なる充実を図る。

基本情報
所在地 〒890-8577 鹿児島県鹿児島市鴨池新町10番1号
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ