自治体をさがす

京都府/きょうとふ

※このページに掲載の情報は、2015年5月8日現在のものです。

京都府 ふるさと納税文化財を守り伝える京都府基金

京都府には、歴史的建造物など世界に誇れる数多くの貴重な文化財があり、これらを地震・火災等から守り、保存・修理することで、未来に良好な状態で伝えていく必要があります。
このため京都府では、ふるさと寄附金制度を活用し、文化財保護にその使途を限る「文化財を守り伝える京都府基金」を設け、全国の方々にご寄附をお願いしています。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

京都府内の歴史的建造物などの有形文化財の保存修理のための事業

老朽化に伴う保存修理や近年増加する豪雨被害やアライグマ等の野生動物の被害などの修理事業に助成を行います。
平成27年春にはご寄附していただいた方から、京都府が修理に携わっている知恩院の修理現場見学に来ていただき、普段見ることができない屋根裏を見ていただいたり、修理工程について学んでいただく機会を設けました。

地震・火災等から有形文化財を守るための事業

歴史的な建造物を地震から守る耐震対策や火災から守る自動火災報知設備などの防火設備や防犯対策、隣接地の危険木の伐採などに助成を行います。
自動火災報知器の更新を行った伏見稲荷大社では、御寄附をいただいた方に向けて、神社の歴史について講話をいただき、重要文化財の本殿などを拝観する学びの場「緑陰講座」を開催しました。

文化財保護のこころを育む事業

文化財を守り、後世に伝えていくためには多くの人の協力が必要です。そこで文化財保護の必要性やその方法について、普及・啓発する事業に助成を行います。
この文化財保護のこころを育む事業を推進しているNPO法人葵プロジェクト様より協力をいただき、御寄附をいただいた方から葵祭に使用するフタバアオイを育てていただき、祭事で実際に活用するという取組を行っています。

基本情報
所在地 〒602-8570 京都府京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ