自治体をさがす

精華町(相楽郡)/せいかちょう

※このページに掲載の情報は、2015年4月16日現在のものです。

精華町(相楽郡) ふるさと納税精華町ふるさとづくり寄附金

精華町は、京都府の南西端であり近畿圏のほぼ中心、神南備丘陵を臨む木津川流域に位置しています。万葉の時代以来、古くから人々の暮らしが営まれ、歴史と文化の薫りあふれる農村集落のまちとして歩んできました。その歴史を礎に、本町では関西文化学術研究都市の中心地とした、新たな都市建設が進められています。少子高齢化により人口減少傾向にある今日のわが国にあっても、本町はなおも都市としての成長を続けています。それは、関西ひいてはわが国全体における持続可能な新たな社会経済システム創造への寄与という、高邁な使命を帯びたまちであることを示しています。幾多の災害に遭おうとも、このまちでは人と人とが支え合い、自治を守り、美しい田園と里山を擁する郷土が育まれてきました。学研都市建設が始まった後も、開発と保全の調和がとれたまちづくりのもと、既存集落と新市街地それぞれの住民が共に緑豊かな精華町を愛することで、個性豊かな地域コミュニティーが形成されてきました。精華町は「人を育み未来をひらく学研都市精華町」を町の将来像として、人を大切にし、交流と連携による地域の「絆」を深めることで、住民の皆さんに「ふるさとは"ここ精華町"と誇れるまち」と、いつまでも想っていただけるようなまちづくりを進めています。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

学研都市のまちづくり

立地機関のまちづくり参画や研究者等と町民との交流促進を支援するとともに、学研都市の様々な資源を活かした文化芸術の振興などに取り組みます。

環境共生のまちづくり

学研都市の成果を活かした地球温暖化防止に取り組むとともに、地域コミュニティーや個人・NPO・企業などによる里山づくりや都市緑化など住民主体の地域づくりの取り組みを支援します。

子どもを育むまちづくり

地域ぐるみの子どもを守り育てる活動を支援するとともに、子育て支援医療費助成の拡充、図書館や小中学校の図書の購入を行います。

健康長寿のまちづくり

健康増進の町民の取り組みや、地域福祉に関わる人材育成、高齢者のまちづくり参画や生きがいづくりへの支援、障害者の自立支援、地域医療の確保に取り組みます。

産業活性化のまちづくり

企業誘致に積極的に取り組むとともに、新産業の創出、京野菜や特産品などのブレンド商品の開発と販売、地産地消の活動などを支援します。

基本情報
所在地 〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ