自治体をさがす

登米市/とめし

※このページに掲載の情報は、2015年5月8日現在のものです。

登米市 ふるさと納税登米市ふるさと応援寄附金

宮城県登米市は宮城県の北東部に位置し、市のほぼ中央を迫川、東側を雄大な北上川が貫流し、肥沃な登米耕土を形成しています。内陸性気候で降雪が少なく、東北地方でも大変穏やかな気候で、ラムサール条約指定登録湿地の伊豆沼・内沼には白鳥やガンなどの渡り鳥が訪れる「水の里」でもあります。
また、登米市の農業産出額は369億円(平成24年度・市独自集計)にのぼり、東北を代表する食料供給地帯となっています。

米生産量は県内随一を誇り、登米市産「ひとめぼれ」は、財団法人日本穀物検定協会の米の食味ランキングでは最高の「特A」を平成15年から連続で受賞しています。
また、登米市の和牛生産は東北随一を誇り、最高級和牛「仙台牛」の生産については約4割が登米市産の牛です。宮城県では、年間およそ15,000頭が食肉として出荷されていますが、うち「仙台牛」の名で出荷されるものは、そのおよそ3割です。霜降りと赤身のバランス、きめの細かさなど厳しい基準をクリアし、最高ランクに格付けされた牛肉だけが「仙台牛」の称号を得ることができます。

国の天然記念物イヌワシの生息する山や、源氏ボタルが群生する川、多くの渡り鳥が越冬する沼など、登米市には守り続けたい豊かな自然にあふれています。今後も未来の子どもたちにこの豊かな環境を引き継ぐため、自然との共存を意識した環境保全型農業をはじめ林業や商業、工業、観光などの産業を振興し、大地の恵みと人の技を活かした活力あるまちを目指して参ります。どうぞよろしくお願いします。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

ふるさとの地域資源を活かした産業振興に関する事業

環境保全型農業と資源循環型農業を同時に実現させている登米市は、まさに日本を代表する「環境循環農場」です。その登米市の農家が手間を惜しまず、除草等にこれまで以上の労力がかかる取組みを行っているのは、消費者の皆様や未来を担う子どもたちの健康を考え、「安全・安心」なものをお届けしたいという思いから。登米市ではこの取組みを米作りだけではなく、他の農産物でも取組むことで、環境保全型農業のさらなる進化・高度化を目指しています。応援よろしくお願いします。

ふるさとの歴史的な街並みや文化財の保全及び活用に関する事業

北上川西側の城下町、登米(とよま)町には、明治時代に建造された小学校、県庁、警察署などのハイカラな洋風建築物が残り当時の面影を今に伝えています。
また重厚な蔵造りの商家や鈎型小路、藩政時代の武家屋敷や史跡など、江戸や明治を思わせる建物も数多く現存しており、その町並みから「みやぎの明治村」と呼ばれ親しまれています。
ほかにも、国の重要無形民俗文化財に指定されている「米川の水かぶり」をはじめ、宮城県の無形民俗文化財に指定されている「登米薪能」、「上町法印神楽」など、先人が守り伝えた伝統文化を誇りを持って守り続けていきます。応援よろしくお願いします。

ふるさとの山・沼・川等の自然環境を守りはぐくむ事業

登米市周辺は、国際的にも重要な渡り鳥の飛来地で、冬にはハクチョウやガンをはじめとする渡り鳥が越冬します。特にマガンは日本に渡ってくる8割が飛来し、早朝の飛び立ちや夕方のねぐら入りなどの雁行は壮観です。
また、翁倉山は 国の天然記念物「イヌワシ」の生息地として知られており、鱒淵川には国の天然記念物「源氏ボタル」が乱舞し、幻想的な世界を味わおうと県内外から多くの人が訪れます。
水の里ならではの豊かな自然環境を守り続けていきます。応援よろしくお願いします。

ふるさとの地域医療体制整備に関する事業

誰もが住み慣れた地域で『安全に安心して暮らせるまち』の実現を目指し、医療や福祉などを必要とする方々に対して「切れ目のないサービス」を提供するため、保健、医療、福祉の関係機関・団体や地域の皆さまが連携し合うことにより、在宅療養者の「生活の質」が確保される体制の構築を推進します。応援よろしくお願いいたします。

ふるさとの子供たちの教育に関する事業

登米市では、学校での学習と家庭での学習をサイクル化させる「登米っ子学習」の推進を通じて、児童生徒の学力向上を学校教育の第一の目標に掲げ、確かな学力の定着を進めています。
21世紀を生きる子どもたちが独立自尊の精神でしっかりと自立し、大自然の恵みの中で生きとし生けるものと共生していく人間の心のあり方をいかに培うかを、これからの人づくりの大きな課題としています。応援よろしくお願いします。

ふるさと納税(寄附金)を使用して、
これまでに行った事業を紹介しています。

ふるさとの地域医療体制整備に関する事業

救急自動車購入、市立病院・診療所で使用する車椅子購入、バリアフリースケール購入、災害用MCA無線機購入、災害用発電機購入、地域連携センター開設に伴う備品購入、耳鼻科顕微鏡・電動診察台購入、医学生奨学金事業など

ふるさとの子供たちの教育に関する事業

宝江小学校児童用図書購入、佐沼中学校備品購入(ライン引き)、新田中学校備品購入(数学科用教材)、登米中学校備品購入(合唱指導用CD)、東和中学校備品購入(跳び箱用ロイター板)、中田中学校備品購入(DVDプレイヤー)、豊里中学校備品購入(技術家庭用のみ整理箱)、米山中学校備品購入(電動ジグソー)、石越中学校備品購入(得点板)、南方中学校備品購入(システムストップウォッチ一式)、津山中学校備品購入(数学科用教材ほか)、佐沼小学校配膳台購入、北方小学校配膳台購入、米山東小学校図書購入、北方小学校楽器購入、新田小学校サッカーゴール購入など

ふるさとの社会福祉施設の整備及び設備等の充実に関する事業

公立保育所のおもちゃ購入、児童福祉施設こじか園に屋内遊具購入、公立保育所児童用の椅子・テーブル購入、登米地域活動支援センター「どんぐりの家」に電話兼FAX機購入、石越保育所放送用アンプ購入、中江保育所ヒートカットすだれ購入、新田・中江・登米保育所簡易プール購入、ひとり暮らし老人緊急通報システム事業など

ふるさとの歴史的な街並みや文化財の保全及び活用に関する事業

登米町寺池地区の街並み環境整備事業(案内板設置)、東和町米川三経塚整備事業、教育資料館展示用ガラスケース購入、懐古館支障木枝落業務、警察資料館改修工事(上下式窓吊り紐交換)、登米懐古館・登米警察資料館に監視カメラ設置、登米懐古館温湿度記録計設置など

ふるさとの山・沼・川等の自然環境を守りはぐくむ事業

サンクチュアリセンターリニューアル事業、環境出前講座事業、生物多様性戦略策定のための希少猛禽類調査など

基本情報
所在地 〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ