自治体をさがす

橿原市/かしはらし

※このページに掲載の情報は、2015年4月24日現在のものです。

橿原市 ふるさと納税誇れる郷土・かしはら応援寄附金

青垣山めぐる国のまほろば、大和三山が優雅にたたずみ、飛鳥川が尽きず流れるところ。
古代日本の都が置かれた橿原市は、悠久の歴史と文化を育み、今に伝えています。
日本文化の礎が築かれた橿原市を次世代に引き継いでいくために、「誇れる郷土・かしはら応援寄附金(ふるさと納税)」制度にご賛同いただき、橿原市を応援してください。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

日本を代表する美しい景観の形成

古代から多くの歌人や文人たちに詠じられてきた風景、そして歴史の舞台に幾度となく登場した遺跡や建造物そして集落が、豊かな自然と一体となり、文化の薫り高い橿原市固有の景観をつくりだしてきました。この美しい景観を保全・創造し、次の世代へと引き継いでいきます。

貴重な歴史的町並みの保全

500軒以上の古い町家が立ち並ぶ「今井町」は、東西600m・南北300mにも及ぶ全国最大の重要伝統的建造物群保存地区です。世界遺産にも匹敵し、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような町並みを守っています。また、この他にも伊勢街道と中街道の交差点に発達した「八木札の辻」地区や中世の面影をとどめる環濠集落が残っています。これら貴重な歴史的町並みの、より一層の保全を住民とともに取り組んでいきます。

世界遺産登録への取り組み

平成19年に「藤原宮跡」をはじめ、「大和三山」「朱雀大路跡」「本薬師寺跡」「菖蒲池古墳」が「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」として、世界遺産暫定一覧表に登載されました。我が国の歴史発祥の地ともいうべき橿原市の歴史文化遺産を世界遺産へ登録する取組みを全力で進めていきます。

市長におまかせ

「人とともに、歴史とともに、やさしく強いまちかしはら」をまちづくりの理念として、「歴史・文化と人がつくる交流都市」を目指して、市民と行政が協働しながら、まちづくりを進めていきます。
この趣旨に沿って、市長が必要と考える施策に皆さまの寄附金を役立たせていただきます。

基本情報
所在地 〒634-8586 奈良県橿原市八木町1-1-18
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ